旅が仕事!月3万円稼ぎながら旅するためのノウハウ イカロス出版
メディア様-お問い合わせ-
パールハーバープロダクションMASAKI世界一周MASAKI世界一周へのお仕事、メディア掲載などの依頼はglobenese77@hotmail.co.jpまでお願いします。 MASAKI世界一周プロフィールページ 旅ラジオロゴ
MASAKI世界一周のVALU
見たい国.企画を↓情報量膨大です
イベントDVD 201ヶ国トーク
世界201か国を周った方の話は衝撃でした との感想続出中!起爆剤にどうぞ!MASAKI世界一周中(小堺正樹)トークDVD販売中!
MASAKI世界一周小堺正樹トークDVD
世界一周バイヤー続行中!


モロッコ雑貨通販売中
ラジオでも話したベルベル人のハンドメイドのモロッコ雑貨、アフリカ買い付け商品販売開始!102カ国旅行者AMAZONIA氏のコパカバーナから大販売!↓
世界の雑貨コパカバーナ
モーリシャスの世界遺産アプラヴァシ・ガート情報 −YOUは何しにモーリシャスへ−

July 19, 2016

モーリシャスの世界遺産アプラヴァシ・ガート情報 −YOUは何しにモーリシャスへ−

世界遺産企画 世界ネタの企画の宝庫の中でも名企画、久しぶりに世界遺産企画をお届けしよう。セイシェルでの束の間の美女とのアバンチュールを経験し、当方MASAKI世界一周はモーリシャスへと移動したのだった。
セイシェル航空
↑セイシェルからモーリシャス入り。エアセイシェルの機体。
モーリシャス上空
↑モーリシャスのブルーな海。北に離島があったりも。さすがは世界的なリゾート地としても有名な島国だ。海の色が違う。

インド洋の色はセルリアンブルーだった。まさにここに船を浮かべると透き通って見えるのだろう。 上空から見ても透き通っているのがわかる。

まず、この国はアフリカであって、アフリカではないような国だ。このあたりのアフリカ諸国で最もアフリカっぽくない国かもしれない。というか、インドだ。住民の大半がインド系なのがこの島国の特徴でもある。空港に降り立った時のインド臭でそれがすぐわかった。

かつて奴隷貿易時代にイギリス人がインドで覇権を誇っていた時代に多くのインド人をこのモーリシャスに連れてきたのだ。そんな変わった歴史のある国でもある。

僕は空港近くのマヘブールから北の首都ポートルイス行きのバスに乗っていた。
モーリシャスのバス内
↑アフリカというかインド。乗っている人の髪も直毛だ。 妙な感覚だ。

「あなた、もしかしてニッポンジン?」

横に座っていた浅黒い肌に直毛をポニーテールにしたインド系の女性が話しかけてきた。神田うのを真っ黒にした感じのけっこうな美人だ。インド系の香水の匂いがよりその美しさからフェロモンを放っている。

「あぁ。そうだけど…」
「モーリシャスにYOUは何しに来たの?」
「YOUは何しにって…(笑)。 『YOUは何しに日本へ?』じゃないんだから…」
「なにその『YOUは何しにニッポンへ』って?」
「そういう番組があるんだよ。日本に来た外国人を取材する番組が。モーリシャスにもそんな番組ないの?『YOUは何しにモーリシャスへ』とか」
「そんな番組ないわよ。じゃあ私があなたを取材してあげるっ」
「マジ〜! そういう展開? インド系の女子ってこんなにオープンな性格なの?」

こんなしょうもないやり取りがありながら、バスはポートルイスに到着した。黒ギャルの神田うのは世界遺産であるアプラバシガート観光に付き合ってくれるという。
世界遺産アプラバシガート
↑世界遺産アプラバシガート入口の表示
ガートのなかの小部屋
↑昔、奴隷、というか労働者が収容されたガート。現在残っているのは当時の15%ほどのみ。世界遺産の見学できる面積としてはかなり狭く、世界遺産マニアにしては「もうこれで終わり!?」ってぐらいこの世界遺産はあっけないかもしれない。インド系住民としてはあまりこの世界遺産は強調したくないというのか。
ガート内
↑ガート内には当時、造られた厨房、トイレ、体の洗い場などを見ることができる。19世紀に作られているため、それほど遠い過去ではない時期に、イギリス人の手によってインドからこんなアフリカの秘境に人が運ばれた事実を確認することができる。
アプラバシガート外観
↑ガートの外観。世界遺産となり、綺麗に整備されていた。当時、1834年から1910年にインドからイギリスの手によって送られてきたクーリーと呼ばれる労働力をクーリー貿易として白人たちがお金で支配していた。一応、労働契約はあったそうだが、どう考えてもイギリスが儲けるためのインド人にとって不利な契約でしかなかったのがわかる。

「クーリーなんてひどい話よ」
「なんで?」
「私たちはモーリシャス人。今この時代になってまでクーリー・ガッドなんて名前なのはおかしいわよ」

確かにそうだ。今となっては世界的にアパルトヘイト(人種隔離政策)が撤廃され、クーリーという表現自体が差別だということで、元は「クーリー・ガット」と呼ばれていたものが「アプラバシ・ガット」に改名されたのだ。

「アプラバシガッドはヒンディー語で移民の駅という意味よ。1970年代に名称が変わったの」

今、ここにいるインド系住民からすれば、もう奴隷や強制労働者ではないわけで、インド系のモーリシャス人に過ぎない。この時代になってまで「クーリー」なんて呼ばれ方はされたくないのが当然だろう。彼女から話を聞くことでよりこの話に信憑性が持てた。そもそもが、その時代のインド系の人たちの子孫からこのガート内で直接聞いているわけだ。

でも、1970年代までまだその呼ばれ方だったという事実は、いかにイギリス人や白人系クレオール人の権力が強かったのかがわかる。その時代はインターネットもなければ、人権なんてものが世界規模で保証されるような時代でもなく、人も船で渡ってきたわけであり、欧州のことを知るのも当時船でここに来ていた白人のみが他の地域のことを知っていただけだったのだ。

「意外と小さな世界遺産だね。ご飯でも行かない?」 

次回、モーリシャスのポートルイスを散策。黒ギャル神田うのとはどうなるのか!次回をお楽しみに。  旅が仕事 世界一周BLOG


512222222222222MASAKI世界一周所属事務所パールハーバープロダクション 204ヶ国に実際に行った上でどうなのか、全部に行った比較で世の中にコメント!

・世界204ヶ国の旅番組企画、複数ございます!
・次の本『旅を仕事にする方法(仮)』路線の旅しながら稼ぐノウハウ本を執筆中!この時代の旅ブームを起こします!次の企画も募集!
・深夜特急を超えるこの時代の普遍的な旅を仕事にしてきた過程からコマを作る映画作品も構想中!監督、助言者募集! 旅俳優活動も開始!こいつを使いたいって監督、プロデューサー、ディレクター大歓迎!
・英語ガイド、ノーガイド現場でのガイド兼任添乗員もできます!旅行会社問わず、
指名添乗員兼ガイド依頼募集!

世界で受けた恩返しとして世界の宿兼複合施設設立に向けて修業中!世界に対して便利なことや楽しいことを持ち込むことで恩返しすることに賛同できるスポンサー募集!

文化人タレント活動、海外専門ツアコン、メディア、ライター、バーテン、マッサージ、ホテル仕事、飲食、クラブ、その他あらゆる仕事をしながら修業中!旅ブームを起こした後に全大陸に拠点を作って204ヶ国で受けた親切に対して恩返ししていきます!現地に雇用と便利さと楽しさを!

旅が仕事 世界一周 BLOG フェイスブックページ もようやく作成!小堺正樹 イイネしとけばブログ記事だけ届きます!instagramはmasakiwwhunter LINEはglobenese77 ツイッターはMASAKIWWHUNTER 記事の面白さ、参考度、旅気分を味わえたかどうかなど、記事か良かった場合のみクリックしてください。つまらなければ一切クリックしないでください。面白くないと思った方は、具体的にコメントいただければ幸いです。 
sekaiisshu32222222222222222222222222  sekaiissyu32222222222222222222222222 
−アプラヴァシ・ガート観光情報−

  • インドからの労働者が収容された施設を見れる世界遺産
  • ポートルイス市内にあり観光の合間にちょろっと寄れば十分
  • 近くにモールやチャイナタウンなどあり便利
  • マへブールに宿を取って朝から夕方まで遠征する方法でも十分
  • 無料で入場可能
  • チャイナタウンに近いのでアフリカ料理に飽きている人には天国。昼食も夕食も中華にする選択も可能

ポートルイスマップ



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔