旅が仕事!月3万円稼ぎながら旅するためのノウハウ イカロス出版
メディア様-お問い合わせ-
パールハーバープロダクションMASAKI世界一周MASAKI世界一周へのお仕事、メディア掲載などの依頼はglobenese77@hotmail.co.jpまでお願いします。 MASAKI世界一周プロフィールページ 旅ラジオロゴ
MASAKI世界一周のVALU
見たい国.企画を↓情報量膨大です
イベントDVD 201ヶ国トーク
世界201か国を周った方の話は衝撃でした との感想続出中!起爆剤にどうぞ!MASAKI世界一周中(小堺正樹)トークDVD販売中!
MASAKI世界一周小堺正樹トークDVD
世界一周バイヤー続行中!


モロッコ雑貨通販売中
ラジオでも話したベルベル人のハンドメイドのモロッコ雑貨、アフリカ買い付け商品販売開始!102カ国旅行者AMAZONIA氏のコパカバーナから大販売!↓
世界の雑貨コパカバーナ
小堺少年の海外旅行事件簿

小堺少年の海外旅行事件簿

August 18, 2015

ケープタウンで事件発生!今も残る見えないアパルトヘイト

パールハーバーライブ(志茂田景樹氏も参戦中)開催決定8月28日(金)20時〜
ゼロ円で世界一周する方法 という講座開催!
この夏、旅に本当に出たい人はご参加を!当方MASAKI世界一周に生中継動画で交流しながら旅のアドバイスを受けられます!理由があって海外になかなか出られない諸君!今すぐお申し込みを!参加した方には、必ず海外に出てもらうよう当方MASAKIに約束してもらいます!講座詳細はこちらゼロ円で世界一周する方法講座ページでご確認を! 元手ゼロから世界一周!? はっきり言う!余裕でできる!
盛り上がってきたぜ!シャ〜!
5 


海外旅行事件簿 キャットアンドムースという日本人が多く泊まる宿にいた日本人女性と一緒にアフリカ大陸最南端の喜望峰に向かおうということになる。この南アフリカ、ヨハネスブルグでアパルトヘイト(人種隔離政策)の後遺症を見てきたが、まさかケープタウンでもその傷跡を見ることになるとは思ってもいなかった。
ケープタウンの日本人宿キャットアンドムース
↑黄色い建物がCAT&MOOSE。日本人旅行者がアフリカ最南端を目指してやってくる有名な宿だ。泊まったことがある人も多いのでは?

ケープタウンからはレンタカーを借りて喜望峰を目指すというのがこのあたりを旅行する旅人には定番になっていた。宿の横に旅行代理店があるというので、僕らは朝からその旅行代理店に行き、レンタカーの手配を頼もうと思った。

カウンターには黒人の従業員がいた。ケープタウンに旅行に来るのは圧倒的に欧米や南アフリカ周辺からの白人が多く、アジア人がカウンターに行っても当然のように後回しだ。相手にしてもらえない。全て白人から優先的に話を聞き、受付をしていく。何なんだ、この威圧感は……。

僕らはこの時点で違和感を感じていた。旅行代理店内にはパンフレット等が置かれていて、欧米人の旅行者が全ての質問を終えるまで30分近く待たされることになった。

ようやく欧米人旅行者が代理店を出ていき、僕らアジア人の番になる。

「喜望峰に行くのでレンタカーを借りたいのですが……」
「あぁ、わかったよ。今電話して手配する」

意外に早いじゃねぇか。すぐにその黒人従業員は電話をしてレンタカーの手配をしているようだった。

横のキャットアンドムースに滞在していることを告げ、20分後ぐらいにまたきてくれとのことだったのでしばらく近くのマクドナルドに行ったりして時間をつぶしていた。

時間になり、僕らは旅行代理店に行った。

「車は外にあるよ」

外に出てみるとかなりポンコツのマニュアル車だった。

そもそも免許があるのは僕だけだった。しかも、オートマ限定と免許に書いてあるとおりだ。その免許はすでに黒人従業員に渡してあったのだが、黒人は問答無用でマニュアル車を手配してしまったようだ。

「ミスター。この車じゃ運転できないよ」
「なんで先に言わないんだ!」
キャットアンドムース横の旅行代理店
↑宿の横にある旅行代理店。事件はここで起きた。

黒人従業員は怒り出した。先に念を押しておかなかったのは確かだが、先進国人からすれば、南アフリカだって先進国なんだしAT車だろうと予想していたわけで、先に言うまでもないと思っていたのだ。

このまま黒人従業員はボスと思しき白人のオヤジと何やら怒った口調で話している。

僕らは店内で、この状況でどうするべきか話し合っていた。ケープタウンの空港にはたくさんのレンタカー屋があったし、そこまでバスで行って車を手配してもいいんじゃないかという話をしていた。

結局、僕らは空港までわざわざ行って車を手配することにした。マクドナルドのシェークを持ったまま僕らは店を出るところだった。店を出る瞬間、暴言が聞こえてきた。


「F○CKED OUT!」


店を出る瞬間、白人の店主が僕らに言った言葉だ。

言われた瞬間、これは完全に差別だと感じてしまった。僕は持っていたシェイクを路上にぶん投げた!確かに念を押して確認はしなかったが、なぜ、こちらが客の立場なのにそこまで言われなければならないんだ!白人の客だったとしたら間違いなく腰を低くして謝っていただろう!

投げた瞬間、白人のオヤジが襲いかかってきた!けっこうな年齢のおやじだ。40〜50ぐらいの小太りの白人のオヤジはマジで殴りかかってきた。僕らはすぐに真横にあるキャットアンドムースに向かっていたのだが、その入口付近でオヤジに追いつかれ、オヤジは宿の中に入ってきて殴ってきた。

「キャ〜〜〜〜!!」

日本人女性の悲鳴が飛ぶ中、僕は殴ってくるオヤジと組み合って倒れたままこれ以上の暴行を防ごうとしていた。キャットアンドムースの受付の白人男性が仲介に入ってきてなんとかその場は事なきを得た。白人に止められれば気が収まるかのようだった。白人のオヤジはそのまま店に戻っていった。

すぐに、誰かが通報したのか、警察が駆けつけた。

ちなみに警官は黒人男性だ。
何があったのか話し、殴られた件を伝えたが、まずは白人男性の言うことをいかにも正しいことのように警察は聞いている。

「まず、お前がシェイクを片付けろ!」

警官は殴られてアザができている僕にまずは掃除しろと命令してきた。ちょっと待て!完全に白人のオヤジは殴っているんだぞ!俺がもし白人のオヤジを殴っていたとしたら、間違いなく、即、手錠をかけられて逮捕だっただろう。白人のオヤジが殴ったことは証拠がないという形で棚に上げて、俺がまず怪我してるのに掃除しろというのもおかしな判定だろう。間違いなく、もしこちらが殴っていたとしたら、現場を見ていなくても即逮捕だったと思う。それほど、警官の判定すらも南アフリカでは、白人、黒人、アジア人の順に有利にできていると言ってもいいのだ。

警官は真っ黒な警棒を持っている。もの凄い威圧感だ。抵抗したら警棒で殴られてシバかれるのは目に見えている。すぐに僕は言われたとおり掃除をしたが、黒人の警官はただこう言った。

「殴られた件はこのレポート用紙に記入して警察署に持って来い」
南アフリカのポリスレポート
↑警察に渡されたポリスレポート一部。どこをどう殴られたのかを用紙に記入して提出すればそういう事件があったというレポートを出してやるということだった。南アフリカの警察は殴られたからといって黒人警官が白人を逮捕することは滅多なことではなさそうだ(ピストルで撃たれたとか血を出して死んだとかならまた別だろうが…)。ただ、この紙を渡されるだけだ。まだまだ先進国だが南アフリカは危険だ。身を持って経験して言う!

ただそれだけだった。警官はこれだけ言い残し、白人の店主の話だけをいかにも正しいかのような雰囲気で店の中で聞いて、パトカーで帰っていった。

南アフリカはアフリカの中で一番快適ではあり、観光資源は豊富だ。日本人にもたくさんケープタウンを楽しんでほしいと思うので宿設立を考えている地域ではあるが、やはり、こういったアジア人の立場の弱さを考えるとビジネス上でもかなりの苦戦を強いられるのは目に見えている。ケープタウンのレストランでもやはり、白人の店にアジア人の集団で行くと席がないと言われて相手にしてもらえない。これはマジだ。南アフリカにいる白人がアパルトヘイトを作ってつい最近まで国の法律として扱っていたのは事実だ。俺はこの点、今も白人がやりたい放題やっている南アフリカに納得がいかない。この点だけが南アフリカの欠点だと言っていいだろう。

こんな事件があったのだが、僕らは少し休んで落ち着いたところで、空港へとレンタカーを借りに行った。もう、こんな思いはしたくない!とっとと喜望峰に到達してアフリカ縦断達成の喜びに浸りたい! この事件、読んだ上で色々と皆さん、思うことはあるだろう。ただ、僕はこういった事実があったということを伝えたい。まだまだ南アフリカには目に見えないアパルトヘイトが残っているということを。

次回、こんな事件のことは忘れて喜望峰に向かっていきます。お楽しみに!  旅が仕事 世界一周BLOG

MASAKI世界一周執筆の旅行記『独裁国家に行ってきた』発売中! 全国書店店頭に並んています!このブログが面白いと思えた方のみどうぞ。つまらないという方は一切、買わないでかまいません! 現在、東京で多分野の仕事に没頭中!世界の宿兼複合施設設立に向けて、文化人タレント活動、海外専門ツアコン、メディア、ライター、バーテン、マッサージ、ホテル仕事、飲食、クラブ、その他あらゆる仕事をしながら修業中! 旅が仕事 世界一周 BLOG フェイスブックページ もようやく作成!イイネしとけばブログ記事だけ届きます! LINEはglobenese77 ツイッターはMASAKIWWHUNTER 記事の面白さ、参考度、旅気分を味わえたかどうかなど、記事か良かった場合のみクリックしてください。つまらなければ一切クリックしないでください。面白くないと思った方は、具体的にコメントいただければ幸いです。 
sekaiisshu3222222222  sekaiissyu3222222222 
−南アフリカ安全・差別情報−

・警察は腐敗はしていないが、明らかに白人を有利に判定する。白人と揉めてもこの国では絶対に負ける威圧感があります。

・警察も本当の意味で助けてはくれません。この国ではアジア人は一番身分が低いため、とにかく危ない目に遭う場所に行かないことに尽きる。

・ケープタウンのレストラン、中国人経営の中華屋や寿司屋、黒人経営レストランなどは問題がないが、欧米人向けのレストランなどはアジア人だけで行くと、「席がない」という理由で断られます。実際に宿にいたメンバーで珍しい肉が食べられるレストランに行ったら断られた。結局黒人経営のエチオピアレストランでインジェラを食べることに…。

・南アフリカの白人とあまり仲良くなった試しがない。この国にいる白人は明らかに黒人と距離を置いており、アジア人もあまり歓迎されない雰囲気がある。ショックを受けないようご注意を!

globenese77 at 17:40|PerlmalinkComments(0)clip!

October 14, 2013

バス料金詐称事件発生! 路上で遭難 台湾人親日紀行 -海外ヒッチハイク事情-

↑11月7日(木)に「知っておくべき海外旅行のルール〜旅立ちから帰国まで」というテーマでのトークイベント決定!【開催日時】11月7日(木)19:30〜(開場19:00)【参加費】900円※当日、会場にてお支払い下さい【会場】旅の本屋のまど店内【申込み方法】お電話、ファックス、e-mail、or直接ご来店のうえ、お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627 e-mail :info@nomad-books.co.jp(お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)※定員になり次第締め切らせていただきます。こちらからも申し込み可能→旅の本屋のまど公式ページ

海外旅行事件簿 ぼくはマレアレアでのゆったりとした時間の流れに満足してこの地を去ることにした。バスは、よがり声をあげながらマセルに戻っている。

国境のマセルブリッジ。昼間はまた違った賑わいを見せており、越境者が橋を渡っていく。ぼくも国境を越え、南アフリカ側に入った。
レソト南アフリカ国境マセルブリッジ
↑国境際の光景。この橋を越えたところにバス乗り場がある。

ヨハネスブルグ行のバス乗り場に行きチケットを購入する。レソトの感覚のまま来てしまっていたのがいけなかった…。ここは国境地帯。あまり外国人が来ない乗り場だったからか、金額を高く言われてしまう。

「300ランドね!」
「……」

外国人料金を言われてしまい、ぼくは拒否した。そのドライバーはしけた顔をして

「お前は乗せない!」

と言い切った。

ショックではあったが、他にもバスはあるだろうと思っていたので余裕だった。全く焦りはしなかったのだ。ところがどっこい、実際にはその時点でバスはそれしかなかった。他のバスも出る場合があるが、そのドライバーのバスが最終になる可能性が高いとのことだった。

「あの野郎、これしかバスがないとわかってあの値段を言ってきたか」

他のバスをあたっても出発しそうになかったため、ぼくは荷物も少ないことだし南アフリカ方面に歩いてやろうと思い立った。今思えばこれが無謀だった…。

距離は10キロ以上あった。とはいえ、あのドライバーの運転するバスにはもう乗りたくない。気分を害してまでボッタクリ料金を受け入れるなどもってのほかだ。次の町まで行けばヨハネスブルグ行のバスがあるに違いない。ぼくはそれを信じ、ただまっすぐ続く国道8号線を北上した。
LADYBRANDまでの地図
↑マセル国境際からLADYBRANDまでの道のり ”google mapより抜粋”

ところが、行けども行けども到着する気配はない。このままだと今日到着することは間違いなく、ない。どう考えても遭難コースだ。2時間近く歩いてそれに気づいた。今頃戻ろうにもかなりの距離を歩いてしまった。

「どうしよう…」

疲れてしまい、道路わきでしばらく休んでいた。
もう、こうなったらヒッチハイクしかないだろう。南部アフリカの一部のルートはヒッチハイクが一般的でもある。こんなマイナーなルートだが、やってみるしかない!
ぼくは沢木耕太郎状態で、通っていく車にヒッチハイクさせてくれるように試みた(劇的紀行深夜特急DVDでパキスタンとイラン国境付近で、沢木を演じる大沢たかおが路上に放置され、走って車を追いかける場面)。

「HEY!EXCUSE ME!」

果てしない道は見えなくなるまで続いている。
そのなかをどんどん車が無情にも通り過ぎていく。

ずっと手を挙げて止まってくれと頼み続けたが、誰一人止まってくれない。運転手とも目が合うが、ことごとく無視して陽炎の中を消えていく。

よく考えれば、ここは南アフリカだ。世界の中でも貧富の差が激しい地域。ピストルを持った強盗や頭のおかしい輩であると思うのかもしれない(事実、こんな距離を歩いて移動するという酔狂なことをする頭のおかしい輩なのだが…)。見事にヒッチハイクは失敗し、誰も止まってはくれない。

白人の車もよく通った。黒人と白人のハードルもかなり高いこの国で、黒人以上に低い身分であるアジア人。しかも男を乗せるなど、誰も好まないだろう。もっともヒッチハイクが成功しないパターンの人種と性別、国が重なっている状況だ。
果てしなく続く南アフリカの道
↑ただ道路が続くだけの道。誰も止まってはくれない。孤独との闘いだ。 ヘ〜イ!

絶望的な状況に陥りながらもぼくは歩きながら手を上げ続けた。しかし、誰も止まってはくれない。

これは、道路わきに野宿するしかないな…。

そう思って、ぼくは路上に腰かけ… ようとした、その時だった!

一台の車がぼくが手を挙げたのに反応し、急ブレーキをかけて止まった。
見ると運転手は同じような顔つきのアジア人だ。

「你好!你是中国人?(こんにちは!中国人ですか?)」
「不是。我是日本人(いいえ。日本人です)」
「OH!JAPANESE!I’M TAIWANESE!(おぉ!日本人か!私は台湾人だよ!)」

台湾人だった。白人や黒人の数が多い南アフリカではあるが、なぜか止まってくれたのは台湾人だった。凄い確率と言っていいだろう。

ヒッチハイク中に見えたドライバーのほとんどが黒人か白人だった。しかし、止まってくれたのは圧倒的に人口が少ない台湾人。いかにこの国でアジア人同士、仲間意識があるのかが、うかがい知れる結果だろう。台湾人のおじさんはぼくを疑いもせず乗せてくれた。 そりゃ、アジア人の強盗がわざわざ南アフリカ圏内でアジア人を強盗するはずがないだろう。安心してくれるはずだ。

話を聞くと、レソトのマセルにも、ここから一番近い南アフリカのレディーブランドという町にも日本人が数人住んでいるそうだ。おじさんは、国境で「アジア人にだけ料金を高く言われた」ということを知って、同情してくれた。同じように南アフリカに住んでいるとマイノリティーな立場であり、その顔には、普段の鬱憤のようなものが垣間見れた。この事実を知った時のおじさんの顔の歪め方。その渋っ面からは、普段からおじさんが感じている不条理のようなものを読み取れてしまった。

おじさんは向かって左手のブルームフォンテインに行くそうだ。レディブランドへの分かれ道のところまで乗せてもらい、礼を言って降りた。ぼくはそのままLADYBRANDへ向かった。
LADYBRANDレディブランド
↑マイナーな街LADYBRAND。まさかこんな町に来ることになるとは…。

レディブランドは全く観光都市ではない小さな町だった。聞いてみてもヨハネスブルグ行のバスはないという。一度レソトのボーダー(国境)まで行かないとバスはないと現地の人が教えてくれた。全くの誤算だった。

結局ぼくは、一夜をレディブランドで明かした(警察署のベンチでポリス公認にて)。次の日、バスで国境に向かい、最初と同じ場所からヨハネスブルグに向かったのだった。 なんたる道草だったのか。

とはいえ、台湾人のおじさんの助けがなかったとしたらぼくはあれからどうなっていたことか。考えるだけでも恐ろしい。

台湾人のおじさんのぼくを見る目は同朋に対しての慈愛に満ちていた。だからこそ、あんなに「アジア人が理由でバス代をボられたこと」を自分のことのように悔しがってくれたんだろう。誰一人アジア人をヒッチハイクしたがらない地域で台湾人のおじさんだけが止まってくれた。日本と台湾で信頼関係が結ばれていることが助け舟を引き寄せてくれたんだ、と思った。

次回、南アフリカに移動して行きます。ヨハネスブルグ・ケープタウンと続いていきます。お楽しみに。 旅が仕事 世界一周BLOG


旅が仕事 世界一周 BLOG フェイスブックページ もようやく作成!イイネしとけばブログ記事だけ届きます! LINEはglobenese77 ツイッターはMASAKIWWHUNTER
記事の面白さ、参考度、旅気分を味わえたかどうかなど、記事か良かった場合のみクリックしてください。5段階評価式。良ければ全て、つまらなければゼロでOKです。面白くないと思った方は、具体的にコメントいただければ幸いです。
31222[2]4222[2]32222[2] 32221[2]
【海外ヒッチハイク情報ノウハウ】

  • 乗り物が無い場合、ヒッチハイクで移動する必要が生じる。
  • 海外では、ルートによってバスが少なかったり、交通機関が少なく、ヒッチハイクをするのが一般的なルートがある。そういう場所であればドライバーの方も相場を知っており、簡単にヒッチハイクできる。
  • ケープタウンからナミビア、ナミビア国内の移動、ニュージーランドやオーストラリア、カナダ、アメリカの秘境、西サハラからモーリタニアへの移動、その他、犯罪が少ない離島の国などではドライバーから「乗せやる」という申し出がある場合有り。
  • アメリカは銃社会なので乗せる方も荷台に乗れと言って来る場合があったり、ニューヨークなどの都会では車を使った犯罪者が多いので、注意が必要。
  • モロッコ−モーリタニアルートはフランス人がヨーロッパから中古車で入ってきて車を売り捨てて行く習慣がまだ残っていて、ヒッチハイク同乗者を宿で募集したりしている。
  • 南米やアメリカの都会など、ピストルが出る可能性が高い場所は警戒度合いを高めた方が良い。都会では特に注意。

海外起業か就職のどちらかをしたい方はどうぞ。旅を仕事にする方法を直接伝授↓
1222

globenese77 at 14:36|PerlmalinkComments(0)clip!