旅が仕事!月3万円稼ぎながら旅するためのノウハウ イカロス出版
旅を仕事にした方法を知れる本
メディア様-お問い合わせ-
パールハーバープロダクションMASAKI世界一周MASAKI世界一周へのお仕事、メディア掲載などの依頼はglobenese77@hotmail.co.jpまでお願いします。 MASAKI世界一周プロフィールページ 旅ラジオロゴ
見たい国.企画を↓情報量膨大です
イベントDVD 201ヶ国トーク
世界201か国を周った方の話は衝撃でした との感想続出中!起爆剤にどうぞ!MASAKI世界一周中(小堺正樹)トークDVD販売中!
MASAKI世界一周小堺正樹トークDVD
世界一周バイヤー続行中!


モロッコ雑貨通販売中
ラジオでも話したベルベル人のハンドメイドのモロッコ雑貨、アフリカ買い付け商品販売開始!102カ国旅行者AMAZONIA氏のコパカバーナから大販売!↓
世界の雑貨コパカバーナ
世界の料理を集めた当方MASAKIの世界の料理写真も載った最新作、出ます!


当方MASAKIも執筆の旅本出ます!丸山ゴンザレスプロデュース。旅の賢人たちがつくった『海外旅行最強ナビ』
南米(ガイアナ、スリナム、フランス領ギアナ)

南米(ガイアナ、スリナム、フランス領ギアナ)

March 07, 2006

ガイアナ基本情報

ガイアナ地図ガイアナについての基本情報を以下ヤフートラベルより抜粋します。

”ガイアナとは、先住民の言葉で「水の多い土地」を指すという。その名の通りガイアナは、南部の密林地帯から大西洋沿岸の低地にかけて、無数の水路が縦横に走り、全土に天然の運河を形づくっている。ガイアナの総面積は、イギリスよりやや小さいくらいだが、そのうち開墾されている土地はわずか0.5%しかない。未開発の森林地帯には、豊かな鉱物資源が埋蔵されているものと推定されているが、まだ手つかずのままで交通機関も発達していない。原始のままの大自然がふんだんに残され、前人未踏の地が多いだけに、冒険心とロマンをかきたてられる秘境でもある。ガイアナは旧イギリス領であり、南米大陸では唯一、英語を公用語とする国だ。 ”


http://abroad.travel.yahoo.co.jp/tif/country/GY/


globenese77 at 06:51|PerlmalinkTrackBack(0)clip!

March 09, 2006

ガイアナの警察は完全にヤクザ…。賄賂を要求される…

まず、今またVENEZUELAのTUMEREMOに逆戻りです。。。とんでもない山道を飛行場があるという国境付近の川の近くまで重い荷物を持って行ったのに時間の無駄に終わりました。(怒) 昨日のうちに山の中にあるベネズエラとガイアナの国境の川の近くに移動しテントで一人野宿して今日のフライト(ジョージタウン行き)を待っていました。動画はアップできるパソコンがGETできたらアップしますが、本当にガイアナの人間自体怪しい奴ばっかりでした。。どいつもこいつも違う情報を言ってくるし頼んでも無い事を勝手にやってお金を要求してきたり、一緒にバスに乗ってたガイアナ人までお金をくれと言い出す始末。警察までも賄賂の要求。。。この国の首相がバ○だってことがすぐにわかりましたわ。 ジョージタウンへの飛行機はベネズエラの中ではなく、ガイアナに入ったところにあり(ってことは俺はすでにガイアナに短時間入った事になる!)、コンクリートの滑走路も無い草むらの中に20人程がギリギリ乗れるような飛行機が止まっていました。 その真ん前にポリスステーションがあり、そこで差別、そして賄賂の要求、何もしてないのに捕まれて監禁されるというとんでもない状況に陥りました!!!!日本人と言う事は極力伏せていたが、パスポートでバレたのが原因か。。。 飛行機代は100ドルで、現地のガイアナ人はみんな100ドルだけ払ったのにも関わらず、その警察は飛行機のお金を集める奴と組んで俺に140ドル要求してきました。当然拒否して、そんなことはおかしいだろとパイロットのところに駆け寄ると黒人のゴッツい警察にベルトを捕まれ警察署の前に連れて行かれここから動くなと言われるハメに!乗客はみんな乗り込んだのにそいつはまったく賄賂の額を下げてこない。 乗りたければ払えの一点張り。。。 当然そんな理不尽な事に納得せず俺は最後まで払わなかった!そんな奴等に払うぐらいならここからジョージタウンへは行かねぇ!!俺はそう決め込んで意地で払わなかった!! そいつらは結局そのまま賄賂を払わない俺に対して権力を乱用して飛行機に乗せなかった!!!!ガイアナを完全に疑った!!(ガイアナには日本人がいるとガイアナ人から聞いたが、その人たちが政府をどう思っているのかインタビューするのが今から楽しみだ。) しかも次の飛行機は土曜日までない。今日はこっちの時間で水曜日。こんな危ないところに3日も野宿したくないと判断したのでまたTUMEREMOへ逆戻りしてきたわけです。 黒人社会は賄賂社会だとよく聞きますがここまであからさまにやられたのが初めてで本当に腹が立ちました! ただ、相手が権力だけは持ってる相手なのでケンカする気も起こらず結局そのまま日本語で吠えて引き返すしかありませんでした。もしあいつらに手を出していたら間違いなく檻の中に蹴り飛ばされていたでしょう。なんとか冷静になれて良かったよ。。 世の中結局権力と金で成り立ってるなぁ と思わざるをえない経験でした。 これからベネズエラとガイアナ間の国境をできるだけ安く越えようと言う人には、これではっきり無謀だと言えます。 絶対にやめた方がいいです!移動がデコボコ道で疲れるし、ボート代もかかるしその荷物も勝手に持たれて金を取られるし、飛行機は不定期だし、警察から賄賂を要求されるしロクなことはありません。地球の歩き方にもここの情報は載っていませんが、その理由がわかりましたわ。 情報が不安定だし、警察の気分で決まるような部分が大きいからです。 ガイアナ行きのトラックが出ているとかボートが出ているという情報を聞いた事がありますが、実際に国境際であらゆる人に聞いたところ今現在そのような物があるという話は噂でしかありませんでした。森の中を歩いて入国することなら可能だろうけど10日以上は野宿しないと抜けるのは難しい程道は険しいです。 今現在(2006年3月7日)の正しい情報は、ボートで密入国し、警察に賄賂を払って警察の気分が良ければ140ドル(うまくいけば100ドル近く)でジョージタウンに飛べるという事です。これがすんなりできれば確かに安い方法ですが、この辺は国境もはっきり定まっていなく、住んでる住民も貧乏な人が多いので治安も良くは無いです。なので、とにかく国境際を陸路で越えようという事はやめることをお勧めします。 てなわけで、無駄な時間ばかり喰ってしまってますが、なんとしてでもこの国から脱出しようと思います。これから情報を調べて明日にでも移動の予定です。 それでは!

globenese77 at 07:08|Perlmalinkclip!