旅が仕事!月3万円稼ぎながら旅するためのノウハウ イカロス出版
メディア様-お問い合わせ-
パールハーバープロダクションMASAKI世界一周MASAKI世界一周へのお仕事、メディア掲載などの依頼はglobenese77@hotmail.co.jpまでお願いします。 MASAKI世界一周プロフィールページ 旅ラジオロゴ
MASAKI世界一周のVALU
見たい国.企画を↓情報量膨大です
イベントDVD 201ヶ国トーク
世界201か国を周った方の話は衝撃でした との感想続出中!起爆剤にどうぞ!MASAKI世界一周中(小堺正樹)トークDVD販売中!
MASAKI世界一周小堺正樹トークDVD
世界一周バイヤー続行中!


モロッコ雑貨通販売中
ラジオでも話したベルベル人のハンドメイドのモロッコ雑貨、アフリカ買い付け商品販売開始!102カ国旅行者AMAZONIA氏のコパカバーナから大販売!↓
世界の雑貨コパカバーナ
世界遺産

世界遺産

July 30, 2015

世界遺産テーブルマウンテン登頂 −海外アバンチュール紀行序章−

パールハーバーライブ(志茂田景樹氏も参戦中)開催決定8月28日(金)20時〜
ゼロ円で世界一周する方法 という講座開催!
この夏、旅に本当に出たい人はご参加を!当方MASAKI世界一周に生中継動画で交流しながら旅のアドバイスを受けられます!理由があって海外になかなか出られない諸君!今すぐお申し込みを!参加した方には、必ず海外に出てもらうよう当方MASAKIに約束してもらいます!講座詳細はこちらゼロ円で世界一周する方法講座ページでご確認を! 元手ゼロから世界一周!? はっきり言う!余裕でできる!
盛り上がってきたぜ!シャ〜!
パールハーバーライブ 


世界遺産企画 宿に到着してすぐに僕はテーブルマウンテンに向かった。このテーブルマウンテン、雲のカーテン(テーブルクロスとも言われている)がかかることが多く、登るタイミングが難しいという噂がある。確かに朝はまっさらなテーブルが平らに続いていたのに宿で少し休んでから向かうと真っ白なカーテンが……。
テーブルマウンテンの端
↑朝に比べてカーテンを被ってしまったテーブルマウンテン

僕はそれでも無我夢中でテーブルマウンテンに向かっていた。ケープタウンの街から見渡せるあのテーブルには人を魅了する何かがある。 どうしても今日中に登りたい衝動に駆られていた。

宿から歩いて数十分ぐらいの市内南部にテーブルマウンテンはあった。
テーブルマウンテン横
↑角度によって違って見えるテーブルマウンテン。
テーブルマウンテン晴天時
↑これは晴れている時の真横から見たテーブルマウンテンテーブルマウンテン入口
↑テーブルマウンテンの入口

ようやく入口に着いた。さぁ、当然、歩くとしますかな。と思いきや、急に小雨が降り出してきた。少し歩くつもりで進んでみたが、こりゃ、もっと降るかもしれない。しかも、けっこう急で、すでに滑るぞ…。こりゃたまらん。一度登ろうと思って進んだ道を引き返し、結局ケーブルカー乗り場に戻ることに……。
ケーブルカー テーブルマウンテン
↑ケーブルカーに乗るが、視界は悪い。真っ白。こりゃ、山頂まで行っても何も見えないだろうな。
雲の中のテーブルマウンテン
↑ケーブルカーを降りてみても、やはり曇っていて展望どころではない。雲の中の天空の城テーブルマウンテン、といったところか。悲しかった。

せっかく登ったんだし少しぐらい見えないかなぁ。って、この雲じゃ無理だな。僕は残念無念な気持ちでテーブルマウンテンカフェでミルクティーを飲んでいた。思い起こせば、独裁国家だらけのアフリカ西海岸を縦横断してきて、ようやくこのケープタウンに来たんだ。旅を仕事にしてくる今までの過程でも何度も辛いことがあり、マラリアになったりして死にかけたことも一度じゃなかった。ついに、南アフリカにまで僕は来たのだ。そんな感傷に浸りながら僕は今後、アフリカを北上し、どうやって日本を目指すのかを考えていた。この終わりのない旅がいつ終わりを迎えるのか、僕は自分でもまだわかっていなかった。

「さてと。下山しようか」

僕はミルクティーを飲み終えると、外に出た。
あれ!?なんだか様子が違うぞ!?欧米人たちがケープタウンの方を見ているぞ!何があったんだ!?
テーブルマウンテン山頂
↑まさか、雲が引いたのか!?テーブルクロスも回収されたのか?

慌てて欧米人たちの方に行ってみると、なんと、さっきまでの雲のカーテンが途切れて、一時的にケープタウン市内が見えていた!こっ!これはっ!
ケープタウンの景色
↑雲の合間から見えたケープタウン市内の光景 クリックで拡大可能

さすがにケープタウン市内を一望できたのは感動した。それも一度は見れない状況があって諦めた後に急に一時的に見えたのだ。ただ景色を見るにしてもこのジラシがあることで満足度が格段に違うではないか!

僕は本当に満足してテーブルマウンテンを降りた。


宿に戻って少しゆっくりしてから、夜になり、ケープタウンの繁華街から近い宿の近くのバーで飲んでいた。このあたりには多くの旅行者向けの洒落た店が連なっていて夜も楽しめるのだ。

バーでモヒートを飲んでいると急に耳元で日本語が聞こえた。

「こんばんは。あなた、もしかして明日、喜望峰に行きますか?」
「えっ!?」

そこには僕より年上と思しき清楚な雰囲気の黒髪の日本人女性が立っていた。 彼女は言った。

「一緒にレンタカーをシェアして喜望峰まで行きませんか?」

次回、海外アバンチュール紀行をお楽しみに!男性読者は自分が海外で女性旅行者に声をかけられたと思ってご期待をっ(女性読者は旅先で男性旅行者に声をかけたつもりでご期待を)。どうなっても知らないよっ。シッシッシ。 旅が仕事 世界一周BLOG


MASAKI世界一周執筆の旅行記発売中!全国書店店頭に並んています!このブログが面白いと思えた方のみどうぞ。つまらないという方は一切、買わないでかまいません! 現在、東京で多分野の仕事に没頭中!世界の宿兼複合施設設立に向けて、メディア、ライター、海外専門ツアコン、バーテン、マッサージ、ホテル仕事、飲食、クラブ、その他あらゆる仕事をしながら修業中! 旅が仕事 世界一周 BLOG フェイスブックページ もようやく作成!イイネしとけばブログ記事だけ届きます! LINEはglobenese77 ツイッターはMASAKIWWHUNTER 記事の面白さ、参考度、旅気分を味わえたかどうかなど、記事か良かった場合のみクリックしてください。つまらなければ一切クリックしないでください。面白くないと思った方は、具体的にコメントいただければ幸いです。 
sekaiisshu32222222[2]  sekaiissyu32222222[2] 
−テーブルマウンテントレッキング情報−

  • 標高は1086メートルで、入口の時点で約300メートル。700メートルほどを歩く形になり、2時間ほどもあれば歩いて登ることが可能。雨が降ると歩きづらいので注意!
  • ケーブルカーもあり、楽に登ることもできる
  • テーブルにかかるカーテン、これは本当に急に雲が現れて視界が遮られるケースが多いため、様子を見て雲が少なそうなら向かう形にしたほうがしっかりケープタウン市内を見れる可能性が高い。
  • 山頂にはカフェがあるのである程度雲が安定しない場合でもコーヒーを飲みながら待つことも可能。少しぐらい曇っていても粘れば可能性はあり。
  • ケーブルカーは往復225ランド(値上げの方向にのみ金額が変動しています)


globenese77 at 23:15|PerlmalinkComments(4)clip!

July 29, 2013

霧の中の万里の長城 この旅の最後を幻想的に飾る 八達嶺長城アクセス観光情報

世界遺産企画 「你要票是不是?(チケットいるのかい)?」

是(いる!)!こんな中国語だったか定かではないが、青い制服を着たバス係員に12元のチケット代を払いバスに乗り込むと、すぐに万里の長城行の877番バスは出発した。どうやらバスは正午までしか運航しておらず、ギリギリセーフだったようだ。危うく、列車乗り場まで二度足を踏むところだった…。
万里の長城行バス乗り場
↑長城行877番バス。片道12元約200円と安い。

この日は7年5カ月の旅の最後の日であり、明日にも一度日本に帰国するので俺は幾分感傷的になっていた。バスは一時間強で八達嶺長城と呼ばれる万里の長城で一番有名なスポットに着くと言う。バス内には世界各国からの観光客が犇めき合っていて、韓国人や欧米人、他のアジアから来た国籍不詳の旅行者達があの万里の長城を一様に目指している。バスの車内は、万里の長城を早く見たいという全員の気持ちが充満していた。世界中で見るチャイナタウンバス顔負けのガタガタ音を立てながら、北京中心部を抜け出し、灌木が茂る北京北部の山岳地帯へと向かっていた。

「歓迎降臨!歓迎降臨!」

怪しげな中国語のネオンの灯りがうごめいている。万里の長城だ!久々に来たこの万里の長城入口に着くと気持ちが高ぶってくる。もう前に来たのは約8〜9年前、まだ23歳の頃、右も左もわからずに中国一周旅行をしていた折に立ち寄った時だった。

万里の長城は言わずと知れた中国の有名観光地であり、ユネスコの世界遺産でもある。石の壁の距離は約6259キロ、現存しない場所も含めた総延長距離は2万1196キロもあると発表されている。果てしない距離でいまいち日常的に考える距離でイメージする事ができない…。宇宙衛星からも見えるというこの万里の長城は世界の中でも果てしない規模の大遺跡なのだ。

この日は天気が悪く、霧が立ち込めていた。中国人観光客は皆、カラフルな緑や赤、黄色のカッパを纏い長城の入口へと歩いていく。
八達嶺長城入口
↑長城の入口。少しバスの停留所からは上がったところにある

長城は約9年前と全く変わっていなかった。あの時と同じ石造りの長城が、あの時と全く同じ様相でその長い蛇の道を永遠に連ならせていた。中国の都市の進化は激しいが、ここだけは何も変わっていないな…。この光景を見て酷く安心した。
万里の長城の急勾配
↑勾配の激しさが伝わりますかね。丘の角度に合わせて石造りの万里の長城は永遠に続いている。この日の天気は霧だったので、先が霧で見えなくなり、幻想的だった。
万里の長城の階段
↑けっこうな角度。霧と小雨で足場も湿っていたので上り下りは大変。
霧がかった万里の長城
↑上から見るとこんな感じ。エンドレスで続いているため自分の体力に合わせて前に進み、引き返しましょう。ずっとこの蛇の道的な長城が続いています。
霧の影響で滑りやすくなっている長城
↑滑って転ぶ人続出の霧の長城。滑るので靴を脱いで裸足で歩く人も。
遺跡の入り口にいる熊
↑長城の入り口には名物の熊がいる。熊餌を3元で購入し投げ入れ可能。人参を投げ入れたら中にいる熊数匹が争う様に人参に群がり、喧嘩を始めた。
小姐!小龍包一皿!
↑長城を堪能後、レストランコーナーで色々と見ていたら何やらフレンドリーに話しかけてきた姐さん。 小姐!一了、小龍包! 写真のシルバープレートの10元小龍包をオーダーし、美味そうに食べていたら凄く喜んでくれた。ほとんど中国語ができなくても、雰囲気でわかりあえる気がすると直感したが当たった。嬉しかった。

俺の旅はこれで終わってしまうのか…。もちろん、一度帰国しても、俺のこの旅生活は世界三周目へと続いていくのだが、明日には日本に戻ると言うこの状況が、今までにない寂しさを心の中に擡げてくれる。

思えば、最初の海外旅行は小学生の時に行った台湾旅行だった。初めての海外旅行で全ての文字が漢字で書かれ、騒がしい路上を車が暴走する様を見て衝撃を受けたものだった。それがもう、北朝鮮訪問も終えて201か国を訪問することになろうとは自分でもその当時はそんなことになろうとは思ってもいなかった。

また、この万里の長城には来る事になる気がする。帰りのバスに乗っている間、日は暮れていき、山々の稜線は霧の中で不思議に濁って見えていた。明日、自分はとうとう日本に帰る。この事実だけがこの一日、妙に頭に絡みついて離れなかった。

次の日、当方は2013年6月6日、無事に成田空港に着陸するのである。この長い旅、そしてこのブログを長い期間に渡り見ていただき、皆さんにありがとうとお伝えしたい。そして、まだまだこの旅が仕事ブログは続いていきます。

次回は順序が逆になってしまいますが、北朝鮮の前に行ったモンゴルネタへと続いていきます。その後は、まだまだ出していない南東アフリカ、南アジア、太平洋、カリブ海と順次お出しして行きます。日本での旅仕事活動ネタも不定期でお出しします。どうぞ今後もご期待ください! 旅が仕事 世界一周BLOG


旅が仕事 世界一周 BLOG フェイスブックページ もようやく作成!イイネしとけばブログ記事だけ届きます!

記事の面白さ、参考度、旅気分を味わえたかどうかなどのバロメーターとして参考にさせてもらいます。記事か良かった場合のみクリックしてください。つまらない場合等、一切クリックしないで下さい!あくまで本当に面白いブログを目指しての次につなげるバロメーターを調べることが目的で1位にはなりたくありません
1c0dd1822222222232232222222222222222 70e3678f1822222222222232222222222222
−万里の長城アクセス観光情報−

・北京メトロ 積水潭駅から東に5分ほどの 徳勝門 にあるバスターミナルから877番バスで万里の長城、八達嶺長城にダイレクトで行ける。バスは正午までなので注意。

・列車は北京北駅から万里の長城方面に便があり。

877番バスのバス料金、片道12元約200円 1時間15分ほどで到着

・万里の長城への入場料は45元約800円。長城に上がるのにロープウェイを使うと片道60元、往復80元。歩きたくない人はロープウェイ、歩いて回りたい人は45元のみで。

・長城での物資は割高なので注意。飲食店もあるが、街中の店よりは若干高い。



globenese77 at 14:49|PerlmalinkComments(2)clip!