旅が仕事!月3万円稼ぎながら旅するためのノウハウ イカロス出版
メディア様-お問い合わせ-
パールハーバープロダクションMASAKI世界一周MASAKI世界一周へのお仕事、メディア掲載などの依頼はglobenese77@hotmail.co.jpまでお願いします。 MASAKI世界一周プロフィールページ 旅ラジオロゴ
見たい国.企画を↓情報量膨大です
イベントDVD 201ヶ国トーク
世界201か国を周った方の話は衝撃でした との感想続出中!起爆剤にどうぞ!MASAKI世界一周中(小堺正樹)トークDVD販売中!
MASAKI世界一周小堺正樹トークDVD
世界一周バイヤー続行中!


モロッコ雑貨通販売中
ラジオでも話したベルベル人のハンドメイドのモロッコ雑貨、アフリカ買い付け商品販売開始!102カ国旅行者AMAZONIA氏のコパカバーナから大販売!↓
世界の雑貨コパカバーナ
世界中の音楽動画配信企画

世界中の音楽動画配信企画

July 05, 2013

この国に未来はある!北朝鮮の子供の学芸会見て感動して泣いた(本当) クライマックス!平壌学芸感動紀行 動画有り

世界の音楽動画配信企画  当方MASAKI、世界遺産開城から戻り、そのまま平壌の学校に行き、子供の学校での勉強の様子を見学し、学芸会も見学!正直、期待していなかったが、結論から言うと、これ観て、この国に未来はあると思った!皆さんには北朝鮮に未来なんて信じられないでしょうが、本当です!この子供の真剣な目つきを見て、この国に将来が無いとは思えない!ニュース上では悪いことばかり騒がれている北朝鮮だが、見ていただければわかるでしょう。今回は、その平壌での学芸会の動画をお見せします!パソコンから是非とも見ていただきたい!これを会場で生で観て感動して泣いた! これを見てあなたは何を想う!?

http://youtu.be/VGTyz5vcSPo ↑北朝鮮の平壌での子供の学芸会動画 見たい方だけどうぞ。当方は感動して泣きました。観る方はパソコンからじっくり見ていただきたい。
北朝鮮の音楽練習現場
↑真剣に練習する北朝鮮の子供

ガイドのリーさんのこの言葉

「この子たちは国のために頑張りますよ。」

俺にはこの言葉が妙に心に響いた。今の日本の子供を見て、ここまで誇らしくそれが言えるのだろうか…。正直、日本でも優等生に関しては頑張るんだろうが、日本の教師でも、ここまで誇らしく、「この子たちは日本のために将来頑張りますよ。」なんて言うだろうか…。全体として見ると北朝鮮の子供の方が目が真剣に見えたのだ…。

この学芸会の最中、自然と涙が出てきた。10粒ほどの大粒の涙が自然と零れ落ちてきた。

本当に泣くほどの感動だったという事をガイドのリーさんと高さんに伝えたら、彼らも感動してくれ、

「涙まで流すほど感動した日本人は見た事がない。こんな日本人もいるんですねぇ。逆に私が感動しました。」

と凄く喜んでくれた。一般庶民とここまで音楽を通してわかりあえるって素晴らしいことですね。きっと、ちゃんと日本と北朝鮮の国交が開かれ、純粋な心で交流すれば日本と北朝鮮は仲良くできると思った。なぜなら、この北朝鮮のおもてなしの子供の学芸会を見て俺は感動して泣いていた。そして、その俺を案内したガイドがそれを知って、凄く感動してくれたからだ。俺の心に嘘は無かったし、リーさんの心も間違いなく本音だったと思う。

国の中では反日教育が徹底されているし、日本では北朝鮮の報道は悪いことばかり。しかし、実際に俺が見た北朝鮮は全く違っていた。一生懸命練習して外国人をもてなすあの学芸会は資本主義国家に浸かっている俺には心に響いた。自分が子供だった時の学芸会での演技は間違いなくここまで本気じゃなかった。ちゃんとセリフを言えなかったり、全員が歌っていない合唱コンクールなどあったが、北朝鮮のそれは、いくら優等生だけ集めたとしても凄かった。
美術の授業
↑チマチョゴリを着た先生の美術の授業。日本のその辺の小学校より断然真剣な生徒たち。

「この子達はこれから国のために頑張りますよ。」

このリーさんの力強い言葉、冗談じゃなく本当だと思った。核を保有するロクでもない犯罪大国の様なイメージが先行する北朝鮮だが、リーさんは続ける。

「アメリカがいてくれるからこんなに頑張れるんだ。」

確かにそうだと思った。戦争中の日本と同じじゃないか…。

北朝鮮は現在も核兵器の保有でアメリカと揉めている。世界中から社会主義がダメだということが根本的な原因となり、アメリカも同じように持っているはずの核兵器を否定され、北朝鮮と言う国そのものが問題のある国だと騒がれているが、彼らがここまで日々、決して資本主義社会の様に豊かではない状況で一生懸命生きているのは、アメリカがいて、アメリカに負けないように国のために頑張ろうという北朝鮮の一般庶民の強い精神力の表れではなかろうか。小さな子供がしっかりと説明し演劇スタート
↑ 北朝鮮の子供の顔つきに当方は感動した!

確かに学芸会のパフォーマンスは極上品だったので、しっかり練習した最も歌がうまい優等生中心のラインナップを見せつけてくれたのだろうが、そうだったとしても生であの演奏を見て、俺は心底、感動した。この滞在で見て来た北朝鮮人の素朴で献身的な態度や、これだけ世界中から悪く言われまくっていて酷い扱いを受けている国なのに、しっかりと外国人を受け入れてくれて熱烈に歓迎をしてくれる北朝鮮。そしてその北朝鮮の未来を担う子供達を見て俺はその全てに感動したんだと思う。とにかく演奏の最中の、彼らの魂の声もそうだし、一生懸命やっているのが凄く伝わってくるあの全体の盛り上げようと言う雰囲気に俺は涙した。なんでこんなに一生懸命盛り上げてくれるのか…

今まで旅してきて、こんなに大粒の涙を演劇を見て連続で流したのは初めてかもしれない。それほど俺はこの北朝鮮市民の一生懸命さが嬉しかったし、この国にもっと発展してほしいと思う。

しかし、南北統合するようになると、今のこの国全体が一丸となって国のために頑張ろうという気質が無くなってしまう気がする。南の韓国は完全に資本主義社会になっていて、この社会主義である北朝鮮とは別世界になっている。統一されれば、間違いなく社会主義は崩壊し、韓国側の資本が入ってきて貧富の格差が出てきた上で、今の純粋な北朝鮮はキープできないだろう。
熱心な演技
↑ 幼稚園レベルの子供がかなりしっかりと歌って踊る!ピュアだなぁ。

だから俺の意見は、北朝鮮はこのままにして欲しいという事だ。彼らの多くは社会主義であるという事をチームワークとして考えてむしろ誇りに思っているし、民主化を求めたデモなんて起こりそうな気配はあまり感じられなかった。俺はこの国は社会主義のままでいいと思う。インターネットも規制して、外の情報も入らないようにしておいた方が、北朝鮮にとってプラスになると思うのだ。アメリカや韓国、日本の進んだ物を無理に入れる必要はない。物が豊かではなくともこの国では今、敵対する国の存在のおかげで人が一生懸命生きている。彼らの目つきは日本人の子供にない、複雑ではない社会に住んでいる純粋な人間の顔をしていた。

金正日や金日成もきっと、色々と問題はあるが、今のこの北朝鮮の純粋さを保ちたかったんじゃないだろうか。動画を見ていただくと、劇場の壁に金正日と金日成の笑っている肖像画がバックに映っていたが俺は今は亡き彼らの肖像画を見ながら、そんなことまで思い浮かべてしまった。

最後の方は、自然と手拍子が発生し、俺も自然と手を叩いていた。北朝鮮と言う国と俺という日本人がわかりあえたと思った瞬間だった。この感動、皆さんに伝えたい。そして、皆さんにも心から本当の北朝鮮を理解してほしいし、北朝鮮人にも日本人を理解してほしいと俺は強く思っている。
学校前で撮影
↑あどけない顔したガイド役の学生さんと撮影。音楽のDVDも購入。

201か国旅行の最後を締めくくるこの北朝鮮、最後の最後にこの感動をいただきありがとう!まさか、こんな怪しい北朝鮮で感動紀行を楽しめるとは思っていませんでした。在日朝鮮人に言いたい!俺は本当の北朝鮮を理解しているぞ!感動をありがとう!朝鮮マンセー!

次回、北朝鮮を脱出し、中国放浪し日本に戻ります。北京の万里の長城や天安門広場、まだまだネタは尽きません!次回更新をご期待を! 旅が仕事 世界一周BLOG


記事の面白さ、参考度、旅気分を味わえたかどうかなどのバロメーターとして参考にさせてもらいます。記事の点数に応じてクリックしてください。面白ければ全てクリック。つまらなければその割合に合わせた数のバナーをクリックください。5段階評価式0〜4点
1c0dd1822222222232232222222222222222 70e3678f1822222222222232222222222222[1]
−北朝鮮の学芸会情報−

・最初は興味が沸きずらいですが、北朝鮮観光で最も感動する。ガイドが最後にこの催しを持ってくるのがいかに感動する人が多いかを物語っている。

・演技のレベルはかなり高く、しっかり練習しているよう。音楽や書道、美術の練習風景を学校内で見学可能。日本の学生より全体的に見てかなり真剣なのがわかる。一人もふざけている様子が無い。

・平壌には学校以外にも子供が色々な勉強をする施設が充実していて、授業後にあらゆる分野の得意なことを勉強している。

・彼らの音楽DVDを学校内で販売していて80元で購入可能。当方も迷わず購入!日本で買えない貴重な音楽動画です。 会場での撮影もok



globenese77 at 13:37|PerlmalinkComments(0)clip!

November 10, 2011

ガボンと赤道ギニアの国境ココビーチで立ち往生 警察の尋問後深夜にガボンのセレモニー

世界の音楽動画配信企画 当方、ガボンを北上し、赤道ギニアとの国境である川があるところまで一日がかりでリーブルビルより移動。ここ最近、陸路で赤道ギニアに入ったという情報が無かったため案の定、たどり着くまでも悪路、そしてバスの本数が少なく苦労するがココビーチという村に到着。
大きな地図で見る
DSC01825
↑ココビーチへの道。かなりの悪路、バスなどの本数も少ないため、近くの村から有料ヒッチしての移動。リーブルビルからのダイレクトバスも今はほとんどないよう。

しかし、赤道ギニアから近いこともあり、このガボンのココビーチも警察がおかしいと聞いていたが、やはり荒れていた…。

当方、安宿を探すも川沿いの宿は満室…。他の宿も探すが高すぎる部屋しかなく困り果てて川沿いの赤道ギニア行のボート乗り場近くの安食堂で魚とウガリをつまみながらガボンのビールを飲んでいた…。
DSC01834
なぜか食事中に、飲食店の中に警察が登場!

やっぱり来たか…。こんな辺鄙な村だから日本人である俺は異常に目立つ。ガボンの警察はカメルーンよりはマシだと思っていたが国境際はやはり警察はおかしいんだな…。

過去にここを通った世界旅行者松本あずささん達もマリンオフィスとのたまう警察署に連行され賄賂を要求されたという情報を俺は知っていた。タチの悪い警察など相手にしたくない!

『飲食中でレストランの中にいるのに何でお前らの強制捜索を受けないといけないんだ!どうせ賄賂が欲しいんだろ!お前らにパスポートなど渡す義務はない!』

暇つぶしで寄ってくる警察がうざく当然俺は拒否!しかし、彼らはパスポートを預かると言ってはばからない…。 何のためにパスポートを人質に取るのか…。

店の中で揉めているとどんどん近所の川沿いでビジネスをしているガーナ人やナイジェリアリア人が寄って来てくれた。事情を話し、この国で何度か警察に賄賂を要求された件やビザはちゃんとある件など話すがとにかくパスポートを見せろと言い続けてくる…。

他の客もこれには警察側に強引な捜索だということで文句を言ってくれた。このプレッシャーもきいて警察はビザを確認すると去って行った。運が悪いとここで警察にパスポートを盗られることもあるようだ。

ガーナ人やナイジェリア人に聞くと、なんと赤道ギニアへは今は行けないという…。理由はよくわからないそうだが、川沿いでバーをやっているナイジェリア人が言うのだから本当だろう。話によると赤道ギニア側にボートで渡ったとしても赤道ギニア側のイミグレが入国拒否してくるらしい…。そしてまたボートで戻るハメになるそうだ…。そのせいでバーにも全然客が来ないし参っているとのことだ。
DSC01830
↑閑散としているココビーチのボート乗り場付近の川沿い

困った。宿もないし、明日まで過ごしてそのまま東のオイエンという国境から入るためにまた移動しなければいけない…。

今晩はこのココビーチの夜から朝にかけてセレモニーがあるらしい。人が死んだ5年後、10年後などの節目に彼らはこのセレモニーをやるとのことだ。朝まで時間をつぶせそうだし俺もそのナイジェリア人の誘いに乗ってガボンのココビーチでのセレモニーを見に行くことにした。

↑というわけで、ココビーチでの故人のセレモニーとココビーチのボート乗り場の川沿いのレア動画。ガボンの民族舞踊に興味ある方はどうぞ。こういった踊りを朝まで続けます。凄い体力だし迫力でした!現地の雰囲気を感じたい方のみどうぞ。最後にココビーチの海沿いの動画も有り。
DSC01857
DSC01859
↑ナイジェリア人のコネクションもあり至近距離からフラッシュで撮影成功!このアフリカのバイブス、写真と動画で伝わるか… 原始時代のパーティーに行った感覚です!
DSC01856
↑この木の棒を永遠に朝が来るまで叩き続ける。昔から伝わるセレモニーなんでしょう。この空間にいると現代に生きている感じがしない。大昔の原始人式のセレモニーが未だに受け継がれているような錯覚に陥ります。本当にガイドブックに載っているような見世物的なものでなく、俺以外100%黒人のみの現地人向けの世界です。
DSC01860
DSC01861
↑怖いぐらいに激しく、木の棒を持ったまま踊り狂う。鳥肌が立ちます!
DSC01862
DSC01866
↑凄いバイブス!中部アフリカの音楽はこの空気感で伝わる!繊細じゃないけど大雑把に表現するこのアフリカ音楽!朝まで永遠に踊り続け!

結局このまま朝まで永遠にローテーションであらゆる踊りを踊り続ける現地のセレモニーを堪能し、当方、次の日に東のオイエンという国境に行くも、赤道ギニア側のイミグレから入国拒否…

リーブルビルから飛ぶしかないため、飛行機で島側のマラボという赤道ギニアの首都に飛びます。次回をご期待を!


記事の面白さ、参考度、旅気分を味わえたかどうかなどのバロメーターとして参考にさせてもらいます。記事の点数に応じてクリックしてください。面白ければ全てクリック。つまらなければその割合に合わせた数のバナーをクリックください。5段階評価式0〜4点
1c0dd622222 325eeab822222 69d1ca622222 70e3678f622222

−赤道ギニア陸路国境情報−

・2011年の秋の時点でガボン側からの陸路入国はココビーチ、オイエン両国境とも、不可能です。

・逆にバータの方から陸路と船で赤道ギニア側からガボンに入ろうとしたカナメさんという旅行者は散々揉めて船に乗ってガボン側に来たら入国拒否され赤道ギニア側に戻されたようです。しかも出国時、入国時とも50ユーロの賄賂請求で合計100ユーロの賄賂の出費。

・カナメさん情報によると、カメルーン側のビタムの国境からなら陸路で出ることはできたということです。入ることができる可能性はあるが、カメルーンでは赤道ギニアビザの取得は何日かかるかわからず、しかもガボンでビザを取ってからまたカメルーンに入って陸路で向かうのも2日がかりになるためオススメはできませんが、現状ガボン側からの陸路の出入国は不可能です。

・状況は流動的ですが、はっきり言えることはマラボに飛んだ方が楽だということです。陸路でオイエンやビタムに向かうだけでもかなりの時間やバスでの待ち時間があるためしんどいため、チャレンジする強者旅行者は覚悟の上で行ってください。



globenese77 at 05:47|PerlmalinkComments(0)clip!