旅が仕事!月3万円稼ぎながら旅するためのノウハウ イカロス出版
メディア様-お問い合わせ-
パールハーバープロダクションMASAKI世界一周MASAKI世界一周へのお仕事、メディア掲載などの依頼はglobenese77@hotmail.co.jpまでお願いします。 MASAKI世界一周プロフィールページ 旅ラジオロゴ
見たい国.企画を↓情報量膨大です
イベントDVD 201ヶ国トーク
世界201か国を周った方の話は衝撃でした との感想続出中!起爆剤にどうぞ!MASAKI世界一周中(小堺正樹)トークDVD販売中!
MASAKI世界一周小堺正樹トークDVD
世界一周バイヤー続行中!


モロッコ雑貨通販売中
ラジオでも話したベルベル人のハンドメイドのモロッコ雑貨、アフリカ買い付け商品販売開始!102カ国旅行者AMAZONIA氏のコパカバーナから大販売!↓
世界の雑貨コパカバーナ
世界の経済問題企画

世界の経済問題企画

June 07, 2017

ロンドンテロ現場の現状とヨーロッパ多発テロへの拡散の懸念−テロ後の再会で命の大切さを感じた日−

世界の経済問題企画 「おぉキャサリン!無事だったかぁ。良かったぁ。また会えて」
「MASAKIさん、無事だったのね。良かったぁ。心配したよ〜!」

僕らはテロで混乱しているロンドンで再会し、抱き合って喜んだ。

←ロンドン橋のテロ現場最前線の動画

6月3日に発生した2017ロンドンテロ事件。僕は、ロンドンに着いてすぐ、ある安宿に滞在していた。そこで出会ったのが佐藤きゃさりん、日本からイギリスにワーホリと留学をするために来ていた日本人。旅行好きで世界中に行っているパワフルなアート好き女子だ。

きゃさりんとはテロの直前に安宿で出会っており、その後にきゃさりんはホームステイをするということで一度、テロの前日に別れたが、その直後にテロは起きた。
テロのあった駅ロンドンブリッジのチューブの表示
↑テロの起きたロンドンブリッジのチューブ駅

MASAKI世界一周の旅ラジオの収録をしようということで、テロの後の日程で会う約束をしていたのだ。
佐藤きゃさりんMASAKI世界一周
実際に間にテロを挟むと、テロ前に会った人と再会できるのが嬉しく感じられる。これが彼氏、彼女などであればより、生きたまま再会できることが奇跡のように感じられることだろう。実際に自分がいる国でテロが起きると人々の脳裏に、「知人が無事か心配!」という恐怖を植え付ける。無差別なテロ行為というものがどれほど恐ろしいものか。きゃさりんの無事を心配することで心からその恐怖を実感することになった。
 チューブのロンドンブリッジ駅
↑今もロンドンポリスが大量に動員されての警戒が続くロンドンブリッジチューブ駅

現在のロンドンブリッジは、閉鎖されていたチューブの駅が営業再開はしたが、全面オープンはせずに、まわり道をして一部の出口からのみ出入りが可能という状況となった。これから6月8日にイギリスの選挙があるのだが、その日に向けてまだまだイギリスは警戒する必要があるだろう。フランスやベルギー、ヨーロッパ各国にテロを起こしているISの戦略が飛び火する可能性も否定できない。フランスやベルギーをはじめ、テロの温床である根源はまだまだ取り除かれているようには見えないと言わざるをえないだろう。
ロンドン警察が朝から警戒している
↑チューブ駅の構内にも大量にポリスが立ってテロを警戒している。風船を持ったチャリティー団体がテロ被害者への寄付を募っていたので少額ながら募金した。

8日の選挙に向けて、無事であることを祈るばかりではあるが、フランスの方もイギリスのテロを受けて警戒がより強くなっているようだ。パリでも市内中心部で2015年に同時多発テロが起きて観光客が激減しているし、この6月6日にもアルジェリア人を名乗る男が警察を襲った事件が起きており、テロとの関係を調べているという。選挙のタイミングに向けて、ヨーロッパ中で同時多発テロが起きないことを祈りたい。
テロの影響で封鎖のバラマーケット
↑未だにボロマーケットに続く道は調査のため閉鎖されている。ロンドンポリスが立っていて、テロの警戒や交通規制を行っている。

まだ日本ではテロは起きていない。でも、実際に現場でテロを感じた日本人として、テロの怖さ、そして、その恐怖の大きさを伝えるとともに、そういった悲劇が起きない世の中になることを願っているし呼びかけたい。イスラム教徒のほぼ全員が宗教があることで貧困の中でも生活できていたり、宗教の教えに従って旅人をもてなしてくれたりして親切な人が多いのに、一部の過激派のせいで悪く思われてしまうのも誤解だろう。
テロで現場は調査規制中
↑ロンドンブリッジ駅からテムズ川を渡る方向へは進めるがバロマーケット方面へは遠回りしないと行けない状況になっている。黄色いジャケットを着たポリスが何人も立って通行規制しているのが見える。

今回のテロでも実行犯はパキスタンから来たマイノリティーのイスラム過激派関係者、リビアやモロッコ出身を名乗る者であり、どちらかというとロンドンでも貧困度合いが高い地域で生活していた人間がテロの実行犯となってしまっている。ゾーン1に世界の富豪が住む一方で、ゾーン2より外に住む仕事にありつくことすら難しく、その地域の中で間違った人殺しへの道へ進んでしまう人が出てしまう社会を変えたい。

今回、被害者はイギリス人だけではなく、カナダ人やオーストラリア人なども被害に遭っている。入っている情報の多くが白人系で欧米人のようだ。このテロはイギリスだけに向けたものではなく、世界全体に向けてのテロリストからの主張なのかもしれない。
ロンドンテロ発生現場
↑テロ現場へは未だに出入りできないようになっているが、花束を置く人、世界のメディアに映像を伝える報道陣であふれかえっている。

日本人としてもテロが起きない世界作りに協力していくべきだろう。 世界の現実、実際にその日にいた場所でテロが起きるというのはものすごい恐怖だった。いつどこでいきなりテロリストがワゴンから出てきてナイフを出してくるかは予想できない。だからこそ言いたい。一度しかない人生、悔いのないように生きようと。今後、世界の人の親切に恩返しする一方で、世界のこういった悲劇、テロに加担してしまう人が出てしまう世の中も変えていけるように全大陸で動いていきたいと誓った。婚約者との生活を控えていたカナダ人、テロに加担しないといけなくなってしまった社会状況。課題は多いが日本人としてできることを一つずつやっていき、動いていくしかないだろう。

次回、まだまだ旅の連載は続いていきます。ご期待を!   旅が仕事 世界一周BLOG


512222222222222222222222222222MASAKI世界一周所属事務所パールハーバープロダクション 204ヶ国に実際に行った上でどうなのか、全部に行った比較で世の中にコメント!

・世界204ヶ国の旅番組企画、複数ございます!世界情報のリサーチ、制作の方はご相談ください!
・深夜特急を超えるこの時代の普遍的な旅を仕事にしてきた過程からコマを作る映画作品も構想中!監督、助言者募集! 旅俳優活動も開始!こいつを使いたいって監督、プロデューサー、ディレクター大歓迎!
MASAKI52222222
・英語ガイド、ノーガイド現場でのガイド兼任添乗員もできます!旅行会社問わず、 指名添乗員兼ガイド依頼募集!(個人依頼や小さな会社のマイナーツアーや特殊な海外案件、歓迎!)
122222222
世界で受けた恩返しとして世界の宿兼複合施設設立に向けて修業中!世界に対して便利なことや楽しいことを持ち込むことで恩返しすることに賛同できる投資家募集!タイ、台湾、スイス、アメリカ、ブラジル、トルコ、南アフリカなどが候補地!これらの地域の拠点で動きまわれる人間を求めている自分は体力はないけど、お金だけは余っているという投資家を探してます!(当方は金はないけど体力と全世界で拠点作りを実行できる行動力は有してます!)

文化人タレント活動、海外専門ツアコン、メディア、ライター、バーテン、マッサージ、ホテル仕事、飲食、クラブ、その他あらゆる仕事をしながら修業中!旅ブームを起こした後に全大陸に拠点を作って204ヶ国で受けた親切に対して恩返ししていきます!現地に雇用と便利さと楽しさを!

旅が仕事 世界一周 BLOG フェイスブックページ もようやく作成!小堺正樹 イイネしとけばブログ記事だけ届きます!instagramはmasakiwwhunter LINEはhttp://line.me/ti/p/YH_lqMCTK2ツイッターはMASAKIWWHUNTER 記事の面白さ、参考度、旅気分を味わえたかどうかなど、記事か良かった場合のみクリックしてください。つまらなければ一切クリックしないでください。面白くないと思った方は、具体的にコメントいただければ幸いです。  my_qrcode_1469828194761_thumb_thumb1[1]
sekaiisshu32222222222222222222222222  sekaiissyu32222222222222222222222222[1] 


globenese77 at 07:01|PerlmalinkComments(0)clip!

June 05, 2017

ロンドンテロ事件現場からの実態報告 −あの日、僕はロンドンブリッジにいた−

世界の経済問題企画 「おい!ロンドンブリッジでテロだってよ!」

宿の住人からありえない情報が入ってきた。嘘だと思った。

まさに今日、僕はロンドンブリッジを散策し、マーケットでジュースを飲んだり、ジャークチキンを食べたりして、ゾーン1のロンドンブリッジからゾーン2のライムハウス地区に戻ったばかりだったのだ。ロンドンのテレビはライブ中継を行っている。

当方MASAKI世界一周、現在、イギリスのロンドンにおります。旅に出る報告記事をアップする前に、緊急でロンドン橋で起きたテロ事件の実態報告を行いましょう。

まず、ロンドンでは宿にいる人たち、みんなテロの話題となり情報を交換し合っているが、街中の様子は至って普通。観光客も普通に歩いているし、公共交通機関も問題なく動いています。

でも、テロの発生したロンドンブリッジ付近の道路は完全に閉鎖され、チューブの駅も閉鎖される事態になっています。あの一角、あろうことか、テロの前日や当日の日中、普通に歩いていました。
ロンドンブリッジのテロ現場
↑まさにこの橋の上で事件が起き、右手にあるマーケットでテロリストが暴れたのち、射殺。もう現在は閉鎖中。
バラマーケット
↑これがロンドンテロ直前のバラマーケットの様子。まさに当日です…。もし日中にテロが起こっていたら、ここでテロリストに刃物で襲われていた可能性があるわけです…。テロってマジで身近です。生きててよかった。
フィッシュマーケットなどもあり
↑バラマーケット内ではフィッシュマーケットがあり魚が売られている。普通の買い物客や観光客でにぎわっていた。
マーケットの様子
↑白いバンが暴走して人をはねまくったあと、この高架下の奥あたりでテロリストがバンを乗り捨てて、このあたりの通行人に切り付けてパブなども襲ったそう。右手の屋台のお姉さんからオレンジジュースを買った当方としては、このお姉さんが無事なのか心配。リアル過ぎて怖い。

ボロマーケットで売られている野菜ロンドンテロ現場
↑バラマーケット内の野菜売り場。現地人や観光客が歩き回っていた。現在は完全閉鎖中。
通りからボロマーケットへの高架下の光景テロ現場
↑まさにテロ現場。バンを乗り捨てたテロリストが通行人に襲い掛かった場所。現在は閉鎖されて調査をしている状況。

 

今でもニュースではライブ中継を行っており、テロの状況が報告されていますが、被害者はどんどん増えていて、現状12人の逮捕者が出ている模様。上空からのヘリコプター中継も行って事件現場の検証が行われています。
ロンドンブリッジ駅 現在閉鎖中
 ↑現在、完全閉鎖中となったロンドンブリッジ駅の事件当日の写真。事件前は至って普通のイギリスの都市の光景が広がっていた。現在はポリスの現場検証中。

そもそも、前回3月にロケで来た直後にもウエストミンスター橋でテロが起きているし、直前5月にもマンチェスターでテロがあった。イギリスでテロが連発するというのも何か呪いでもあるというのか。

5月のマンチェスターのテロにロンドンのテロ。あまりにもテロのタイミングに挟まれたこの時期にイギリスにいるというのも何かあるような気がしてならない。

ひとまず、このロンドンブリッジはロンドンの日本人街からは離れているので、ロンドンブリッジに行った人以外は無事でしょう。テロはロンドンブリッジ上と、その近くのボロマーケット周辺で起きています。英国在住の知人がいる方はこの事実をご参考に。ロンドンブリッジからボロマーケットへの中間から
↑テロ当日のロンドンブリッジの橋からの写真。観光日和の暖かい日だったのに。。。突如としてテロリストが出現するとは。完全に呪われてるな。

イスラム国が声明を出したということだが、この現場周辺で過激派のアラブ系テロリストが育つ環境としては、ロンドン東部のアルドゲイトあたりか。アルドゲイトイーストから東のエリアもアラブ人居住が多い。おそらくはイギリスにいても仕事がなかったり、どうしようもない状況に置かれてしまったヨーロッパ移民や難民などのおちこぼれの中からテロに加担する人間が出てきているのでしょう。
アラブ人多数のマーケット
↑ロンドンのアルドゲイトから東部の一帯にアラブ人マーケットや居住区がある。ISに対してこのあたりの過激派団体が加担しているというのか。実態は逮捕犯調査が終了すればわかってくるでしょう。

ベルギーのテロの時もテロリスト予備軍が育つ環境が首都のブリュッセルにあったのが事実だが、このロンドンのテロも同じような状況がイギリスにあって、そのしわ寄せがついに今回、現実世界に出てきてしまったようにも見える。

テロがなくなってほしい。そして、そのためにはテロの根源の理由を国際的になくしていくしかないだろう。ヨーロッパでテロが連発する事情の根源は、やはりマイノリティーに対しての扱いが不満につながって、テロ集団に加担しないと生きていけない層が存在することが原因の気がする。

この根源をなくし、どんな国の人でも平和に暮らせる日がくるのを願ってやまない。ロンドンテロ、まだスイスに行く前にロンドンにいるので、動きがあれば報告します。ロンドンテロ犯行現場
↑このあたりもテロリストのバンが乗り捨てられた現場。その時間に歩いていた通行人やパブ、てあたり次第、襲われています。テロ当日の昼間の写真。テロ現場を、テロが起きる直前にガチで撮ってます。現在は封鎖されて現場検証中。

あらゆる国でテロが連発する昨今、いつ日本が狙われてもおかしくはないのが現実だろう。今、ロンドンにいる僕は、これからどう過ごせばいいのだろう。スイス出発までの間、とにかく命を守ること。これだけが最重要課題となるだろう。テロの標的となる欧米各国の主要都市。この現実、みなさんにも伝えたい。あなたもいつ、テロに巻き込まれるかはわからない。 東京でテロが起きることがないよう、平和な世の中になるよう変えていきたい。

次回、まだまだ旅の連載は続いていきます。ご期待を!   旅が仕事 世界一周BLOG


51222222222222222222222222222MASAKI世界一周所属事務所パールハーバープロダクション 204ヶ国に実際に行った上でどうなのか、全部に行った比較で世の中にコメント!

・世界204ヶ国の旅番組企画、複数ございます!世界情報のリサーチ、制作の方はご相談ください!
・深夜特急を超えるこの時代の普遍的な旅を仕事にしてきた過程からコマを作る映画作品も構想中!監督、助言者募集! 旅俳優活動も開始!こいつを使いたいって監督、プロデューサー、ディレクター大歓迎!
MASAKI5222222
・英語ガイド、ノーガイド現場でのガイド兼任添乗員もできます!旅行会社問わず、 指名添乗員兼ガイド依頼募集!(個人依頼や小さな会社のマイナーツアーや特殊な海外案件、歓迎!)
12222222
世界で受けた恩返しとして世界の宿兼複合施設設立に向けて修業中!世界に対して便利なことや楽しいことを持ち込むことで恩返しすることに賛同できる投資家募集!タイ、台湾、スイス、アメリカ、ブラジル、トルコ、南アフリカなどが候補地!これらの地域の拠点で動きまわれる人間を求めている自分は体力はないけど、お金だけは余っているという投資家を探してます!(当方は金はないけど体力と全世界で拠点作りを実行できる行動力は有してます!)

文化人タレント活動、海外専門ツアコン、メディア、ライター、バーテン、マッサージ、ホテル仕事、飲食、クラブ、その他あらゆる仕事をしながら修業中!旅ブームを起こした後に全大陸に拠点を作って204ヶ国で受けた親切に対して恩返ししていきます!現地に雇用と便利さと楽しさを!

旅が仕事 世界一周 BLOG フェイスブックページ もようやく作成!小堺正樹 イイネしとけばブログ記事だけ届きます!instagramはmasakiwwhunter LINEはhttp://line.me/ti/p/YH_lqMCTK2ツイッターはMASAKIWWHUNTER 記事の面白さ、参考度、旅気分を味わえたかどうかなど、記事か良かった場合のみクリックしてください。つまらなければ一切クリックしないでください。面白くないと思った方は、具体的にコメントいただければ幸いです。  my_qrcode_1469828194761_thumb_thumb1[1]
sekaiisshu32222222222222222222222222[1]  sekaiissyu32222222222222222222222222 


globenese77 at 00:55|PerlmalinkComments(0)clip!