旅が仕事!月3万円稼ぎながら旅するためのノウハウ イカロス出版
メディア様-お問い合わせ-
パールハーバープロダクションMASAKI世界一周MASAKI世界一周へのお仕事、メディア掲載などの依頼はglobenese77@hotmail.co.jpまでお願いします。 MASAKI世界一周プロフィールページ 旅ラジオロゴ
MASAKI世界一周のVALU
見たい国.企画を↓情報量膨大です
イベントDVD 201ヶ国トーク
世界201か国を周った方の話は衝撃でした との感想続出中!起爆剤にどうぞ!MASAKI世界一周中(小堺正樹)トークDVD販売中!
MASAKI世界一周小堺正樹トークDVD
世界一周バイヤー続行中!


モロッコ雑貨通販売中
ラジオでも話したベルベル人のハンドメイドのモロッコ雑貨、アフリカ買い付け商品販売開始!102カ国旅行者AMAZONIA氏のコパカバーナから大販売!↓
世界の雑貨コパカバーナ
世界の小国企画

世界の小国企画

May 04, 2010

アフリカのスペイン領セウタからモロッコに陸路で入国

世界の小国企画 アフリカの中のスペイン領セウタにフェリーで到着!到着した瞬間、スペインなのにモロッコ系の人たちが声掛けてきてもみくちゃに!!








↑他の海外旅行サイトや世界一周サイト、現地情報サイト



↑復活



大きな地図で見る


↑噂に聞いていたアフリカに入ると声をかけてくる人達。旅行会社関連や物売りがたかってきちゃいます。。まさに日本人とわかると我先にとモロッコ人が集まりモミクチャになります!最中は撮影不可能でした!

なんとか制止して外に出て歩いてセウタを歩く。アフリカなのにスペインである影響で思ったよりきれいな街並み。

↑セウタのきれいな光景

↑セウタ名物の塔。海がきれいですね

↑アフリカなのに堂々とスペイン国旗がはためきます。スペインってアフリカだったっけ?!

セウタ自体も小さくジブラルタルのスペイン版といった感じ。すぐにモロッコ入りに向けて動きま。小さすぎてネタもないため。。。

↑すぐにバスで国境へ移動。1ユーロで国境まで移動。このセウタも小さいため簡単に国境まで行けちゃいます。

↑国境。モロッコ人ですごい込んでます。ここが慌ただしいのでそれを避けたい方はタンジェまでフェリーで行った方が楽かもしれませんね。

↑おっさん登場!どんどん話しかけてきて荷物運ばせてくれとの勧誘。これ以外にも国境で無料でもらえる税関の紙やらを売ってくるおっさんやら物売りに囲まれてモミクチャでした。

国境を進むと日本人と言うのもありすんなり入国。人だらけで歩きにくいのが難点ですがすぐにモロッコ入りです!!!

↑モロッコの国旗

↑モロッコ入国。乗り合いタクシーが並んでます。

入ると当然日本人にはボッタクリプライスで迎えてくれます。最初から予想してたので無視して一番最後尾のタクシーまで移動しながら値段チェック。その上で現地人価格を聞いた上でフェズ方面へのタクシーGET!

難なくフェズに向けて移動開始です!!!

次回、世界遺産都市フェズに到着です!!

その後モロッコをフェズ、メクネス、ラバト、マラケシュと移動していきます!!そして、今後アフリカ、長いです!レアな小国までくまなく回って100カ国超えしていきます!現地での雑貨買い付け(すでにモロッコ商品一部到着!必見!)も再開していきます!!!モロッコ好きは必見です!!



世界遺産ネタ、次回をお楽しみに!!






globenese77 at 08:39|Perlmalinkclip!

May 02, 2010

ジブラルタル国入り!ジブラルタルの動画をどうぞ!

世界の小国企画 英領ジブラルタル。この名前は聞いたことがあるけどスペインの最南端に英語圏が存在すると言う奇怪な事実を知る人は少ないと思います。ここは本当にスペイン語圏のスペインのある大陸の中に存在する英語圏であります。そして、この国、小さな土地に無理やりに空港までも存在するため国に入るとすぐに滑走路を歩いて横断しないといけません。




↑他の海外旅行サイトや世界一周サイト、現地情報サイト


↑復活




大きな地図で見る
↑地図上でも滑走路を超えてジブラルタルに入るのがわかると思います。非常におかしな国です。
滑走路からは確かにロンドンのヒースロー空港への飛行機が飛んでいる。この現実もすごいことですね。

もし日本の中に韓国があってそこからソウル行きの便があったりしたら、いくら日本でも戦争になっちまうと思います。。。

↑スペインの最南端にあるジブラルタル。この丘周辺だけ英語圏になってます。通貨もポンドです!ユーロでなくポンドに両替して入ることになります

↑この山を見るための観光国と言ってもいい英語圏ですね。

↑国旗まで存在します。スペインの中にある土地だろうがイギリス系のDNAを持っているジブラルタル人は頑なにここは英語圏だと主張する。確実に返還はあり得ませんね。まぁ、スペインも同じようなことをやっているわけで無理でしょう。

↑中に入るともう英語圏です。通り名も英語で書いてあります。一種の主張ですね。中国人が中国語表記の店を世界に作っているのと似ています。

↑滑走路を横断して来たスペインとジブラルタルを横断する車で溢れてます。歩いている人も英語しゃべってます。急に英語が聞こえてきて変な感じでした。

↑この通り、飛行機がイギリス方面に飛ぶための滑走路があります。ここを超えないと山の方に行けません。飛行機が飛ぶたびに滑走路は閉鎖されて交通が遮断されます。すごい国ですね。

↑なんとも不思議な滑走路上の交通。誰でも通れるわけでそのうち滑走路上でテロリストが何か企てそうで怖いですね。入りづらい英語圏にほぼノーチェックで入れて、やろうと思えば誰でも飛行機が飛ぶ時に滑走路に入れちゃう構造なわけで。

↑ジブラルタル空港の表示。こんな空港存在したんですねぇ。ここに来て知りました。そして、確かにヒースロー空港に向けて飛行機が飛んでいた!

↑このゲートのポールが閉まることで飛行機が飛べるように道を閉鎖する仕組み。

↑ここが空港。ジブラルタル空港です。

↑ジブエアー。こんな航空会社存在します。日本も韓国内に日本領釜山があって、プサンジャパンエアーでも作って欲しいですね。英語圏は平気でこういうことが全世界であります。南米ガイアナ、中米ベリーズ、アフリカガーナ、ナイジェリア、香港などなど数えきれない英語圏が存在するわけで。

↑小国の必殺技、タックスフリー。タバコや酒など安いためスペイン人が多数入って来て買って行きます。小国はどこもこの戦法が好きです。

このジブラルタル、本当に小さな地域です。街中も規模は小さくイギリスの田舎町という感じです。あの丘と国境際のこういった状況こそ見どころだと思います。国境こそその国同士の関係がはっきりと現れます。

次回、このジブラルタル海峡を縦断しちゃいます!ヨーロッパからアフリカにINです!!乞うご期待!!

−ジブラルタルアクセス情報−

・スペイン最南端のアルヘシラスからバスで行けます。

・アルヘシラスのバス停から2ユーロで行けます。40分ほど。

・モロッコ方面に渡る前にジブラルタルも見たい方はアルヘシラスの安宿を確保して向かうといいです。アルヘシラスの安宿は安いです。

・ジブラルタルからはフェリーがあまりなく、タンジェ行きのものしかないためアルヘシラスからのフェリーが無難です。アルヘシラスからはセウタとタンジェに向かえます。

globenese77 at 14:08|Perlmalinkclip!