旅が仕事!月3万円稼ぎながら旅するためのノウハウ イカロス出版
メディア様-お問い合わせ-
パールハーバープロダクションMASAKI世界一周MASAKI世界一周へのお仕事、メディア掲載などの依頼はglobenese77@hotmail.co.jpまでお願いします。 MASAKI世界一周プロフィールページ 旅ラジオロゴ
MASAKI世界一周のVALU
見たい国.企画を↓情報量膨大です
イベントDVD 201ヶ国トーク
世界201か国を周った方の話は衝撃でした との感想続出中!起爆剤にどうぞ!MASAKI世界一周中(小堺正樹)トークDVD販売中!
MASAKI世界一周小堺正樹トークDVD
世界一周バイヤー続行中!


モロッコ雑貨通販売中
ラジオでも話したベルベル人のハンドメイドのモロッコ雑貨、アフリカ買い付け商品販売開始!102カ国旅行者AMAZONIA氏のコパカバーナから大販売!↓
世界の雑貨コパカバーナ
西欧(ドイツ.アンドラ.スペイン.ポルトガル.ジブラルタル)

西欧(ドイツ.アンドラ.スペイン.ポルトガル.ジブラルタル)

March 23, 2010

ドイツ 国情報 GERMANY 69カ国目経由中

世界の国情報 ドイツ国情報 ソ連をはじめとしてアメリカ、フランス、イギリスから植民地化されて最終的にはドイツとして独立した歴史があるドイツ。世界とのパイプも太い国であり全世界でドイツ人旅行者を見るが、まさにこの国の大国ぶりを見ればそれがわかる。西ヨーロッパ諸国で最も勤勉な国民であるドイツ。その割に物価は安く過ごしやすい国でもあります










↑他の海外旅行サイトや世界一周サイト、他のサイトも見たい方はどうぞ






大きな地図で見る

【人口】約8230万人

【首都】ベルリン BERLIN

【言語】公用語 …ドイツ語

【通貨単位】欧州統一通貨ユーロ 1ユーロ=約123円

【在留法人】 約28000人

【日系企業】  620社

【面積】約35,7万平方キロメートル

【民族】ドイツ人

【宗教】キリストカトリック、プロテスタント

【日本との時差】マイナス8時間(サマータイム時は7時間)

【電気と電圧】220ボルト/50ヘルツ

【ATM】各所にある。

【滞在登録】3カ月以内の滞在は必要なし。

【日本大使館】Maltezske namesti 6, Praha 1-Mala Strana

【治安】治安は良い方

【ビザ】90日以内の滞在は必要なし。

【国際電話での国番号】49


詳細は http://www.worldwidetravels.info/

で現地から詳細に行った国全てアップしていきます。

☆過去に当方MASAKIが行った国リスト☆

【ブログを書いてない頃に行った国】

日本、台湾、香港(返還前イギリス領時)、シンガポール、タイ、オーストラリア、ニュージーランド、スイス、ドイツ、オーストリア、ハンガリー、イタリアローマ、バチカン市国、フランス、モナコ、スペイン、中国

【ブログを書きだしてから行った国】…アメリカ合衆国、バハマ、メキシコ、ベリーズ、グアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカ、パナマ、コロンビア、ベネズエラ、ガイアナ、トリニダード・トバゴ、スリナム、ペルー、ボリビア、パラグアイ、ブラジル、ウルグアイ、チリ、アルゼンチン、カナダ、カザフスタン、キルギス、ウズベキスタン、タジキスタン、トルクメニスタン、イラン、アゼルバイジャン、グルジア、アルメニア、ナゴルノカラバフ、トルコ、ブルガリア、ギリシャ、マケドニア、アルバニア、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、クロアチア、スロベニア、イタリアベニス(2度目)、サンマリ、イタリアミラノ、スイス、イギリス、アイルランド、オランダ(64カ国)、ドイツ(2度目)、オーストリア(2度目)、イタリア(3度目)、スイス(4度目)、フランス(2度目)、ルクセンブルク、ベルギー、リヒテンシュタイン、オーストリア(3度目)、スロバキア、チェコ、ドイツ(3度目)

69カ国目経由後

今後の予定↓

ポーランド、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、エストニア、ラトビア、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、ドニエステル、モルドバ、ルーマニア、ドイツデュッセルドルフ、アンドラ、スペイン、ポルトガル、ジブラルタル、モロッコ(86カ国目)、モーリタニア、セネガル、ガンビア、カーボベルデ、ギニアビサウ、ギニア、マリ、シエラレオネ、リベリア、コートジボワール、ブルキナファソ、ガーナ、トーゴ、ベナン(100カ国目)、ナイジェリア、ニジェール、中央アフリカ、カメルーン、赤道ギニア、ガボン、サントメプリンシペ、コンゴ、コンゴ民主共和国、アンゴラ、ナミビア、ボツワナ、南アフリカ、レソト、スワジランド、ボツワナ、ジンバブエ、ザンビア、モザンビーク、マダガスカル、モーリシャス、コモロ、セイシェル、マラウイ、タンザニア、ブルンジ、ルワンダ、ウガンダ、ケニア、ソマリア、エチオピア、スーダン、エリトリア、

今後行く場所の候補地

ジブチ、イエメン、オマーン、アラブ首長国連邦、カタール、バーレーン、サウジアラビア、クウェート、キプロス、シリア、レバノン、ヨルダン、イラク、イスラエル、(イラク)、(トルコ)…etcまだまだ続きます

200カ国前後(生きている限りに存在する入れる国全て)、死なない限り入れるだけ入って生活しながら生きていきます。ギネス記録本気で狙ってます。だからこそ国数にもこだわっていきます。(国によってビザが出なかったり国が合併したり、分裂したり、返還されたり、南極や宇宙のようにどの国のものでもない地域があったり、様々な理由で変動します。並び順はあくまで仮定で必ず変動します。)


globenese77 at 09:41|Perlmalinkclip!

March 24, 2010

ベルリンの壁のあったポツダム広場でベルリンの壁の歴史を見る

世界の経済問題企画 ベルリンの壁、東西のドイツという国を2つに分けていた壁だと思っている人が大半だと思いますが、実は東ベルリンと西ベルリンを分ける壁だったことを知る人は少ないと思います。西側がアメリカ、フランス、イギリスの植民地だったのに対し東はソ連の植民地だったわけで、それを2分する壁が過去に本当にあった場所、ポツダム広場に潜入してきました。








↑他の海外旅行サイトや世界一周サイト、他のサイトも見たい方はどうぞ




そもそもこのベルリンの壁、東のソ連と西の欧米列強による線引が表ざたになった世界遺産でもあると思います。

↑これがポツダム広場駅

ベルリンの壁が造られ家族が急に離れ離れになったり、経済格差から東から西に突破する人が多数射殺されたりとんでもない問題が多数1980年代に本当に起こっていた現場です。

幼い頃にこの壁が崩壊したのをテレビで見たのを今でも覚えているが、それが本当にここで起こったのだと思うと世界での争いは本当に身近なものなのだと実感する。まだ当方が生きている時に本当にこういった壁で人の住む地域を無理やり分断してそこを突破する人を撃ち殺していたわけだ。

↑これが今も一部残されている壁。崩壊した時に全て国民によってハンマーでぶっ壊されたためもう飾り的な壁しか残っていない状態です。

それにしても東と西、大きな経済格差がありこの壁に賛同する人もいれば反対する人もいたようで、こんな無茶苦茶な分断の仕方がいかにもソ連のやり方だったなと実感する。

今でもロシアは国境での争いでグルジアともめたりしているが、ロシアの入国ビザや旧ソ連地域の国のビザの取りにくさなどはこの壁に通じるものがある。

大国ロシア、あれだけでかいと民族も多いし接している国の数も半端じゃない数になってくる。そうなってくるとあぁいう力任せでの無理やりなやり方になってしまうわけですね。

↑落書きだらけでガム付けられまくりの現存するベルリンの壁

この壁を見て思うのが今の朝鮮。韓国と北朝鮮だ。これらの国はまだ二つに二分されていて統一される気配はないが、少なくとも俺が話した韓国人はみんな統一したいと思っているようだった。大半の韓国人がそう言うのだから少しずつドイツと同じ方向に向かっているような気がする。

北にも南にもメリットとデメリットはあるが一つの国となり領土が広がれば間違いなく国全体の力は上がるはずではある。しかし、現在の状況ではそれはない。北朝鮮側は北朝鮮人を閉じ込めたままにしているわけで、まさにベルリンの壁以上に厚い壁があるように感じられますね。

今後どうなっていくのか楽しみであります。


globenese77 at 09:40|Perlmalinkclip!