旅が仕事!月3万円稼ぎながら旅するためのノウハウ イカロス出版
メディア様-お問い合わせ-
パールハーバープロダクションMASAKI世界一周MASAKI世界一周へのお仕事、メディア掲載などの依頼はglobenese77@hotmail.co.jpまでお願いします。 MASAKI世界一周プロフィールページ 旅ラジオロゴ
MASAKI世界一周のVALU
見たい国.企画を↓情報量膨大です
イベントDVD 201ヶ国トーク
世界201か国を周った方の話は衝撃でした との感想続出中!起爆剤にどうぞ!MASAKI世界一周中(小堺正樹)トークDVD販売中!
MASAKI世界一周小堺正樹トークDVD
世界一周バイヤー続行中!


モロッコ雑貨通販売中
ラジオでも話したベルベル人のハンドメイドのモロッコ雑貨、アフリカ買い付け商品販売開始!102カ国旅行者AMAZONIA氏のコパカバーナから大販売!↓
世界の雑貨コパカバーナ
北アフリカ(スペイン領セウタ.モロッコ.西サハラ.モーリタニア)

北アフリカ(スペイン領セウタ.モロッコ.西サハラ.モーリタニア)

May 05, 2010

フェズの旧市街の世界遺産 世界最大級の迷路都市動画

世界遺産企画 フェズ到着して早速フェズの世界遺産視察です!世界遺産の宝庫であるモロッコですが、このフェズの迷路都市、確かに迷路の中に人々が住んでいることはすごいインパクトなんだが、もっとインパクトがあるのはそこに住む人です!!もうこの迷路地区に入るやいなや、ありとあらゆる理由をつけて老若男女のじいさんばあさん子供赤ん坊やらのモロッコ人が絡みついてきます!もう、まさに モミクチャ という言葉そのものですっ!
モロッコバブーシュ販売中←モロッコ雑貨バブーシュ販売開始!現地買い付け品!本当に現地で買い付けた品を販売中!ブログ見ればわかります!




本腰を入れるためワッショイクリックの方をお願いいたします。



↑他の海外旅行サイトや世界一周サイト、現地情報サイト


↑復活



↑ここが観光客が一番集まる場所。ここを進むと果てしない迷路が待っている

↑迷路の中の地元人居住エリア

↑城壁の合間にも穴が開いていて店をやっていたり住宅地につながっていたりでかなり迷路は複雑です

↑通り過ぎる地元人に次から次へと話しかけられたりおちょくられたりで本当に冷静に歩いていられない。 本当にもみくちゃにされます。

↑こういった裏道系の細い道もあります。地元人はこういう道を熟知しています。
この迷路に遺跡、確かにすごい。この世界遺産は世界遺産というけれどそこまで手が加えられていなく、きれい過ぎないから過去に造ったままの形で残っているのが利点だ。

↑旧市街の片隅には旧ユダヤ人地区がある。イスラエル建国により多くがイスラエルに行ってしまったが確かにユダヤ人はモロッコにもいたのだ。

↑今も残るユダヤイスラエルのヘブライ語表記

ただし、世界遺産に登録されて観光客が来るようになった影響で、住んでいる人たちは観光客慣れしてしまっていて、少々スレていてウザイ!!悪徳ガイドや押し売り販売人やら変な日本語でおちょくってくる若い野郎連中、絡みついて金をせびる子供など、けっこう大変で、平常心をキープしながら歩くのが難しい。。。放っておいてくれない感じです。。。

↑物売りも多く、日本人にはすごい勢いで寄ってくる。子供の仕事人も迷路内には多い

したがって、写真や動画も撮りづらい。長時間撮っていたりしたらセビリの対象になるし、ムスリムでもあるので写真を嫌う人もいてトラブルにもなるからだ。。。

実際に俺も日本語でバカにしてきた輩と一食触発になりあわや殴りかかると言うところまでいってしまった。迷路内の人に関してはウザイので気をつけて行ってください。子供などもちょっかいをかけることを悪いことだと思っておらず平気で抱きついてきます!ポケットの財布などに注意を!!

↑この城壁に囲まれた迷路地区、確かに1000年前を再現している空間でもある。

ただし、手を加えられていない迷路地区の建造物や壁などは見ものです。しっかり楽しんでいただきたい。なかなかここまで改修工事されないまま
残っている世界遺産も少ないかと思います。無料で入れる世界遺産でもあるためフェズに行った方は全員行ってください!!



今後はフェズからメクネス方面へ向かいます!メクネスの世界遺産動画もお届けしますのでお楽しみに!!

モロッコオットマンプフ通販売←オットマンプフ、山羊皮でできたクッション買い付け!

モロッコ雑貨通販売

200カ国世界一周バイヤー買い付け再開!バックパッカーには有名な102カ国旅行者AMAZONIA氏の運営するコパカバーナで堂々販売開始!

AMAZONIA氏TWITTER

当方MASAKIのTWITTER

ツイッターやってる世界一周者やバックパッカー、旅好きの方はフォローフリーです!二人合わせて200カ国の視点で買い付けます!!ご期待を!!

世界200カ国雑貨販売Copa-Cabanaモロッコ雑貨通販売

globenese77 at 08:55|Perlmalinkclip!

May 06, 2010

ウザイモロッコ人(一部の)、最近のモロッコ人偽ガイド自称学生の傾向と対策 絶対についていくな!

世界旅行事件簿 炎上ネタ。「モロッコ人はウザイ!!」よく聞くフレーズです。行った人の多くがこの言葉を口走ります。確かにモロッコ人、全体的に見るとウザイという表現が適切かもしれない。それほど慌ただしく、日本人を見ると怪しい日本語で話しかけては言葉と体で絡みついてきます!!そんなモロッコ人の観光客相手の悪徳商売の手口をお教えしましょう。


本腰を入れるためワッショイクリックの方をお願いいたします。






↑他の海外旅行サイトや世界一周サイト、現地情報サイト



↑復活



最近は数々のトラブルにより警察の取り締まりが厳しくなり、路上での警官の数も増えて下手に「ガイド」と言うと捕まるため「学生」と名乗り英語や日本語を勉強したいと言う建前で話しかけてくる。


↑出た〜!!モロッコ人!フェリーターミナルに着くやいなや絡みついてきます。変な日本語しゃべりながら怪しい偽ライセンスカードみたいな物を見せながら勧誘!しかも断るとヤクザ!などと暴言。。。

スペインからモロッコ入りする場合、まずアフリカ大陸に着くとすごい勢いでモロッコ人が寄ってくる。怪しいカードを見せてガイドだと言い。高額なユーロを要求しモロッコを車で案内すると言ってきたり、いらない物品をその場でとにかく売ろうとして、高い値段を最初に言い、「いくらなら買うのか?!!」と無理やり言わせ言うまで絡みつき、うざいから適当な値段を言うと「OK!」と言い無理やり手に持たせて買わせようとしてくる。。。

かといって、「0ディルハムなら買う」なんて言ったら、日本語で「バカ」「ヤクザ」などと罵倒されます。すなわち、買っても足元を見られるし、断るだけでもイライラする結果になるわけです。無視したとしても「バカ」とただ言われ損してストレスを溜めるハメになるわけで。。。

スペイン方面から来ると久々のこういった途上国の人々と関わる感じで「またか。。」と途上国の感覚に戻ってしまう自分がいる。。

で、迷路の都市フェズで俺が経験した手口は、やはり

「学生です。日本語を勉強したい」という一言からはじまりガイドらしきことをしつつ、絨毯屋に連れて行くと言うパターンだった。

↑遺跡なんて見てたらどこからともなく偽ガイドが寄ってきます

その学生ガイドには申し訳ないが、俺は最新の手口をモロッコに着く前から全て熟知していたため、そのモロッコ人が話しかけてきた瞬間からそいつの顔ですぐにそれ系の人間だとわかったため

「NO ガイド」
「NO カーペット」


とまず最初に言い放った。やはり予想通りガイド料と絨毯を売った上でのマージン目的の自称学生、実質無許可ガイドだった。

わかっていながらこの日の予定はもう終えていたのでついていくが行きたくない場所を案内され、最後にはカーペット屋に連れて行かれた。


そのカーペット屋にいた輩は日本にいたことがあると言い、少し日本語ができた。しかし、こちらの言い分は何を言っても聞かず、今すぐ売ることしか頭にないトークを展開してくる。。。


確かに俺は買い付け目的でもあってモロッコに来ているのだが、よく品を見てから買い付ける品を決めると言っているのにもかかわらず


とにかく今売るための値段交渉やユサブリをかけるだけで全く俺の信頼などおかまいなしにトークを進めてくる。 まさにウザイ!!



↑日本語で書かれた看板。こういった店は注意。日本語で書かれた看板がある店は要注意です!怪しい日本語を使う人の大半はロクな連中ではない

こんなことを続けているからこんな悪い噂が立つことを彼らはわかっていないし今後も同じことを続けるのだろう。俺は彼らのこのやり方が日本人には信頼を失うやり方だと言うことをその日本にいたことがあるという少し日本語ができるモロッコ人に言った。


するとそのモロッコ人は激変し、逆ギレ!!





こいつの本性を見た気がした。日本人を金づるとしか見ていないかのようなあの激変ぶり!!俺はあの顔を忘れはしない!今すぐ売れないからと言ってこちらを馬鹿にするあの醜態ぶり!


お前のやり方はこちらの意見を聞いていない信頼できないやり方だ!日本人の信頼を獲得しなさい!!値段は最初の一回で妥当な金額を言い、すぐに半額にするようなマネはやめろ!そんなやり方、日本人は信頼しないぜ!


という俺の提案に見事に





「この日本人はダメ。買う気がない!いらねぇこいつ!」






と、連れてきておいて買わないとなればゴミ扱いのような言い方で罵倒してきやがった!!!しかもこいつは日本にいた経験があるモロッコ人である。

もちろん俺も逆上し

F○CK!!


の一言を投げ捨ててそのフェズの迷路地区にあるスマリン門近くの店を後にした。


その学生と名乗る偽ガイドは俺にその後もついて来て、

俺の怒りを聞くと

「俺もあの絨毯屋は嫌いなんだ」と言い出す始末。。。

本当かよ。。。よく自分の仲間を急に否定できるなぁ。。。
じゃあ最初からそんな店に連れていくなよ。。。
なぜ自分が嫌いな奴の店に連れていくんだよ。。。


この後その自称学生がガイド料を要求してきたことは言うまでもない

もちろん

F○CK!!!


この一言を言い放ち俺はそいつをかわして宿へ戻った。もちろんその自称学生が激変して、暴力沙汰でかかってくるようならいつでも臨戦態勢になれる精神状態を俺は最初からキープしていた。



↑フェズの雑踏から偽ガイドがどこからともなく現れます


最初からこの情報は入っていたからこのようなことにはなるとは思っていたが、やはり最初の一言がウソだったことにより俺の信頼はゼロなわけで、そんなやり方で客引きしている奴が連れていく店が信頼重視の店のはずがない。



↑警官多数巡回中 彼らの位置を把握しておきましょう


それにしても、後から思ったがこんな方法を使ってまで騙しつつ商売しないと仕事がない環境なんだなと思うと、ある意味かわいそうになってきてしまった。あの自称学生、学生だなんて嘘を言わずにちゃんと普通にガイドをやればいいのにとつくづく思った。ここまで絡みついてくる体力があるなら公認ガイドになれるほどの勉強など絶対にできるはずだ。どなたか同じくフェズに行く方がいれば、彼らをいい方向に努力するように説得してやってください。俺にはそこまでできませんでした。



と事件ネタになってしまいましたが、今度こそ世界遺産メクネスに向かいます!!世界遺産好きやモロッコ好きの方はお楽しみに!!



−モロッコの偽ガイド情報−

・観光客が集まるあらゆる場所に出没し、「学生」という建前で話しかけ、ガイドをしようとしてきます。当然知り合いの店に行って物を売る目的


・行きつく先は絨毯屋です。いらないと言っても数々の絨毯を紹介され値下げするから買えって流れになります。そして「いくらなら買うか」を言わされまず。言うまでしつこい。言ったらOK!金出せとなります。それを断ると日本語で罵倒です。。。暇な方のみついていきましょう。

・ガイドじゃないと言いますが、必ず最後に「俺は案内した。金をくれ!」と言いだします。

・最初の第一声の時点で「NOガイド」「NOカーペット」を連呼しておきましょう。これを念押しておけば最後に揉めても言い勝てます!

・もめた時の最終手段は「POLICE」この一言です。許可なしガイドは数々のトラブルの影響で現在は警察側もかなり厳しく取り締まっているようです。私服警官まで巡回しているようで偽ガイドも警戒しています。


globenese77 at 08:56|Perlmalinkclip!