旅が仕事!月3万円稼ぎながら旅するためのノウハウ イカロス出版
メディア様-お問い合わせ-
パールハーバープロダクションMASAKI世界一周MASAKI世界一周へのお仕事、メディア掲載などの依頼はglobenese77@hotmail.co.jpまでお願いします。 MASAKI世界一周プロフィールページ 旅ラジオロゴ
MASAKI世界一周のVALU
見たい国.企画を↓情報量膨大です
イベントDVD 201ヶ国トーク
世界201か国を周った方の話は衝撃でした との感想続出中!起爆剤にどうぞ!MASAKI世界一周中(小堺正樹)トークDVD販売中!
MASAKI世界一周小堺正樹トークDVD
世界一周バイヤー続行中!


モロッコ雑貨通販売中
ラジオでも話したベルベル人のハンドメイドのモロッコ雑貨、アフリカ買い付け商品販売開始!102カ国旅行者AMAZONIA氏のコパカバーナから大販売!↓
世界の雑貨コパカバーナ
西アフリカ(ギニア.シエラレオネ.リベリア.コートジボワール.マリ)

西アフリカ(ギニア.シエラレオネ.リベリア.コートジボワール.マリ)

July 10, 2010

ギニア国情報 GUINEA  93カ国目

世界の国情報 ギニア国情報 賄賂大国ギニア。軍人警察、大使館役員など誰もが賄賂を要求し、もうそれがシステム化されちゃっているような国ギニア。暑いし環境も悪く歩いているだけですぐに路上で検問に遭い賄賂要求されます。行く方は賄賂を払う覚悟で入った方がいい国です。全ての生活環境も悪いです。正直観光にはオススメできない国であります。オタク以外はこの地域には来ない方がいいです。環境面も悪く国の機関も腐敗してます。よって、トラブル発生率は非常に高い!オスマンサンコン氏もこの国は貧しいんですとはっきり言い張る国、ギニアの内情をお伝えしていきます!

本腰を入れるためワッショイクリックの方をマックス一日一回お願いいたします。↓



↑他の海外旅行サイトや世界一周サイト、現地情報サイト


↑復活



大きな地図で見る
大きな地図で見る

【人口】約950万人

【首都】コナクリ CONAKRY

【言語】公用語 …フランス語

【通貨単位】ギニアフラン 1GF=約0.02円 2010年春データ

【在留法人】 25人

【日系企業】  3社

【面積】約24万5855平方キロメートル


【民族】マリンケ族など


【宗教】イスラム教 キリスト教

【日本との時差】マイナス9時間

【電気と電圧】110ボルトと230ボルト/50ヘルツ

【ATM】コナクリ中心部にあるATMでビザカードでの引き出しが可能です。

【滞在登録】必要なし。検問で軍人にレジストレーションフィーがいると言われたりで賄賂要求されるが払う必要はない。しかし場合により身ぐるみはがされたりパスポートを没収されたり可能性があるのでご注意を。

【日本大使館】コナクリにあり。

【治安】悪い方。いつ何時お金を誰にせびられるかわからない国。

【ビザ】必要。ギニアビサウのギニア大使館で15日ビザを15000CFAで取得可能。25000CFAと言われたり用紙代2000CFAだと言われるが嘘なので何とかして切り抜けましょう。

【国際電話での国番号】224


詳細は http://www.worldwidetravels.info/

で現地から詳細に行った国全てアップしていきます。

☆過去に当方MASAKIが行った国リスト☆ 各国の記事は国別トピックから見れます!

【ブログを書いてない頃に行った国】

日本、台湾、香港(返還前イギリス領時)、シンガポール、タイ、オーストラリア、ニュージーランド、スイス、ドイツ、オーストリア、ハンガリー、イタリアローマ、バチカン市国、フランス、モナコ、スペイン、中国

【ブログを書きだしてから行った国】…アメリカ合衆国バハマメキシコベリーズグアテマラエルサルバドルホンジュラスニカラグアコスタリカパナマコロンビアベネズエラガイアナトリニダード・トバゴスリナムペルーボリビアパラグアイブラジルウルグアイチリアルゼンチンカナダカザフスタンキルギスウズベキスタンタジキスタントルクメニスタンイランアゼルバイジャングルジアアルメニアナゴルノカラバフトルコブルガリアギリシャマケドニアアルバニアモンテネグロボスニア・ヘルツェゴビナセルビアクロアチアスロベニアイタリアベニス(2度目)、サンマリノイタリアミラノスイスイギリスアイルランドオランダ、ドイツ(2度目)、オーストリア(2度目)、イタリア(3度目)、スイス(4度目)、フランス(2度目)、ルクセンブルクベルギーリヒテンシュタインオーストリアスロバキアチェコドイツポーランドデンマークスウェーデンノルウェーフィンランドエストニアラトビアリトアニアベラルーシウクライナドニエステルモルドバルーマニアドイツデュッセルドルフスペインバルセロナアンドラポルトガルジブラルタルモロッコ西サハラモーリタニアセネガルカーボベルデガンビアギニアビサウギニア

93カ国目

今後の予定↓

シエラレオネ、リベリア、コートジボワール、マリ、ブルキナファソ、ガーナ、トーゴ(100カ国)、ベナン、ナイジェリア、ニジェール、中央アフリカ、カメルーン、赤道ギニア、ガボン、サントメプリンシペ、コンゴ、コンゴ民主共和国、アンゴラ、ナミビア、ボツワナ、南アフリカ、レソト、スワジランド、ボツワナ、ジンバブエ、ザンビア、モザンビーク、マダガスカル、モーリシャス、コモロ、セイシェル、レユニオン(125カ国)、マラウイ、タンザニア、ブルンジ、ルワンダ、ウガンダ、ケニア、ソマリア、エチオピア、スーダン、エリトリア、ジブチ<どこかで一度日本を挟むかも>

更にこの後行く場所の候補地
イエメン、オマーン、アラブ首長国連邦、カタール、バーレーン、サウジアラビア、クウェート、キプロス、シリア、レバノン、ヨルダン、イラク、イスラエル、マルタ(150カ国)、アルジェリア、チュニジア、リビア、エジプト、アフガニスタン、パキスタン、インド、スリランカ、モルティブ、ネパール、ブータン、バングラデシュ、ミャンマー、ラオス、ベトナム、カンボジア、マレーシア、インドネシア、東ティモール、ブルネイ、フィリピン、パプアニューギニア、パラオ、ミクロネシア、マーシャル諸島(175カ国)、ナウル、キリバツ、ソマリア諸島、バヌアツ、フィジー、ツバル、サモア、アメリカンサモア、トンガ、キューバ、ジャマイカ、ドミニカ共和国、アンティグアバーブーダー、ドミニカ、セントルシア諸島、バルバドス、グレナダ、フランス領ギアナ、エクアドル、南極、ロシア、モンゴル、アイスランド、グリーンランド(デンマーク)、北朝鮮(200カ国)、宇宙、…etcまだまだ国が出てきたり宇宙に国ができた場合は加算していき続きます!

200カ国前後(生きている限りに存在する入れる国全て)、死なない限り入れるだけ入って生活しながら生きていきます。そして将来的に全世界に拠点を創りそこをベースに全世界生活します。ギネス記録本気で狙ってます。だからこそ国数にもこだわっていきます。(国によってビザが出なかったり国が合併したり、分裂したり、返還されたり、南極や宇宙のようにどの国のものでもない地域があったり、様々な理由で変動します。並び順はあくまで仮定で必ず変動します。)

globenese77 at 12:56|Perlmalinkclip!

July 13, 2010

炎上御免!大事件!ギニアの軍人にパスポートを没収され帰国の危機! <カメラ盗難につき文章のみ 小説風>

海外旅行事件簿 ★注意!!★ギニアが大好きな方は読まないようにお願いします!この辺り、事件多発で事件ネタなど読みたくないと思う人も多いはずです!当方の毒舌もこの辺りの国では今までの国の中でも群を抜いてひどくなります。ギニアファンは絶対に読まないでください!!


ブラックアフリカ入りしてからどんどん事件の質が悪くなってきています!そして全ての国で事件が起きる勢いです!賄賂王国と聞いているギニア、やはり最低最悪な賄賂国家でした!肌も黒いが金に対しても黒いギニア役人の悪行を身を持って体験する事件が起きてしまいました。当方、ギニアビサウからギニア入りするためにガブ、ボケを経由するルートで乗り合いタクシーを乗り継いでいました。

本腰を入れるためワッショイクリックの方をマックス一日一回お願いいたします。↓



↑他の海外旅行サイトや世界一周サイト、現地情報サイト


↑復活

このギニアビサウからギニアへのルート、舗装されているのにボコボコに穴があいている道路があり、最低最悪な悪路です。誰がこんな中途半端な技術で舗装したんだ!舗装しない方がいいわ!!と言いたくなる悪路でした。こんな中を丸一日かけてギニア入りしたのですが、やはり役人、もうどいつもこいつも賄賂要求の嵐です!

もうこの国の役人は全員賄賂要求してくると考えていいです。

国境ではやはり俺だけ最後に呼ばれて金出せとせびられ、全員の出発が遅れました。なんとか国境でのせびりは現地人が対抗してくれてなんとかなったのですが、コナクリから36キロ地点辺りにある検問所が賄賂軍人たちの稼ぎ場所になっていて、案の定、パスポートチェックで日本人とわかるとなぜか俺だけ呼ばれる羽目に。。。

俺だけが裏に連れて行かれ

MONEY!! GIVE ME!!

と始まる。。。

当然俺は怒らせないように笑ってごまかしパスポート返却を求めるが一向に引かない。この検問所は本当に稼ぎ場のようで、現地人を呼んで交渉してもらっても理由なく

「HELPしてやった(何を?何もヘルプなどされていない)」

だかわけのわからない理由で金を出せとしつこい。

現地人が出発が遅れることで怒りだしその軍人とケンカになってしまい、事態は余計に悪い方向へと進んでしまう。

最悪なことに一向にパスポートを返してくれないため俺はもうパスポートなしでコナクリまで行き日本大使館に言うしかないと判断しそのままコナクリへパスポートなしで出発せざるを得ない状態に。。。



そのまま自力で大使館に到着し、事情を説明するも、

領事さんも

苦笑いで

「まずいねぇ〜。パスポートがないと日本に戻るしかないですよ。」


とのこと。。。

えぇ〜!!!絶対に日本には戻りたくない!!!こんなとんでもない秘境のギニアなんかから戻れるか!!


しかし、領事さんも

「役人がパスポートをそのまま捨てて、無くなってしまえば証拠もないしどうすることもできない」

と言う。



色々と作戦を考えて、結局は軍のトップに直接話してパスポートを返却するように言ってもらうということになる。

その軍のビルに出向きその話をすると明日の朝には戻すからと軍のトップ2の人間がその現場の人間に電話しているようだった。

しかし、現場の人間は誰かわからないわけで、捨ててしまえばパスポートはオジャン。軍のトップだろうが俺は信頼できず、もう一度36キロ地点まで行き、取り返しに行こうと決断。これしか現実的な方法はないわけです!


わざわざそこまでもう一度行き、トップが出てきたのだが、笑いながら

I’M SORRY.とか言いながら出てきやがった。

全然反省の色はなく、また同じことは起こるだろうと思われる様子でした。俺は当然バカヤロウ!と激怒。

逆に俺が交通費を請求したかったですね。まぁ、当然こんな労力をしたこちらに交通費などは払うはずもなし。悪い事をしておいてパスポートを返させるのに結局こちらも交通費と時間と体力を無駄に使うだけの状況となってしまいました。

パスポートは次の日の朝に戻ったのだが、こんなに面倒なことをしてその労力を考えるとどう考えても賄賂を払った方がいいケースを体験しました。日本人的に賄賂なんて心が汚れる感じがして精神的な敗北感があるので全て断りたいところですが、この国では払わないと帰国の可能性まで発生すると言うことです。

今後も俺は賄賂は払わないスタンスでアフリカ全ての国で警察軍人役人相手に出来る限り暴れるつもりですが、正直、払った方が得であるケースはあるということは間違いありません。ギニア、本当にウザイ賄賂王国であり国全体の倫理観が明らかに欠如していて賄賂なんてものをもらうことが正しいと言う考え方の人が大半な権力だけ持っちゃえば何をしてもいいと言う考え方の役人が多いおかしな国です。

大統領選挙で今ギニアは燃えてますが、こんな国、いつ大統領が殺されてもおかしくないし、軍がいつクーデターを起こして武器を乱用し銃を乱射したり、武器を庶民に売ったりしてもおかしくないような国です。軍のトップ2と直接話をしてそいつのツラも直接見た俺が言っているわけで間違いないです!あいつのあの日本大使館領事に対しての反省の全くないしゃべり方、国の権力者同士の話の席ですらあの態度なわけで、この国の役人はこの感覚が当たり前であることは俺の目に深く刻まれました。何も悪いことをしていないビザ所有者のパスポートを取り上げてカツアゲしておいて偉そうな態度、マジでこの国の大統領、消えてもらいたい!辞任しろ!

こんな国、正直行かない方がいいと言えます。大使館関係者、軍人、警察など全てが腐っていて賄賂を要求して来ます。(この国のビザを取る時も当然ウソの値段を言われました。抗議すると今度は書類代と称して賄賂要求。どこまで腐っているんだか!)というか、領事さんすら色んな関係者に何かちょっとしてもらうとお金を現地人に握らせているのを何度も見たため、この国では小銭を掴ませる暗黙の賄賂システムが存在するのかもしれません。領事さんでもそれに近い支払いを色んな人にしているわけです。。。そうしないと円滑に進まない権力を片手に金を要求する黒い国なんです。。。

すなわち、この国に住み円滑に事を進めるには自分自身の倫理観もこの国にいる時だけは賄賂モードに変える必要があり、精神的なネジを期間限定で曲げる必要があるわけです!俺はこういう国には宿を作りたくないし住みたくない!!仕事で行く方もこれを理解した上で行ってください!

怒らせると身ぐるみを剥がされる可能性もある雰囲気だったため本当に行く方はお気を付けを。。。この辺りの軍人、役人、警察(そしてはっきり言おう!てめぇギニア大統領もだ!当選するな!お前がダメだから国がダメなんだよ!!クーデターでも起こされて消えろ!!)は本当に腐っている割に武器と権力だけは持ってます!


ギニアコナクリ賄賂王国よ永遠に!!!


俺はこの腐った賄賂大国から受けた屈辱を一生忘れはしないし日本国民全員に声を大にして伝えていく!この国に政府開発援助を1円たりともするなと!!無駄金でしかない!日本人がストレス溜めて働いた正しいお金を賄賂王国に寄贈するなんてありえん!もっと予算削減しろ!

書き過ぎで炎上の予感ですが、ご容赦を。全て事実です。そしてあえてこういう事件ネタが好きな人向けに書いています。

次回、まだまだ殺気立ったギニア滞在が続きます。危ない地域の連続ですがご容赦ください!

−ギニアの賄賂対策−

・パスポートを取られて返してくれない場合、交渉しても(時間をかけたとしても)ダメなら基本的には払うしかありません。パスポートがないと次の国にも行けないわけです。すなわち、帰国を意味します。。。

・払わない場合は日本大使館まで行っていちいち軍のトップに連絡して別の日に返却されると言う形になります。俺はその方法で払わなかったが正直労力的には大損なので払った方がいい。交通費などは自分で払うしかないわけです。パスポートが戻っても交通費までは軍は払いません。それを払えともめても武器持ってるし下手すりゃシバかれて身ぐるみはがされて拘束されるハメになるだけです。無責任極まりない悪軍人です。

・場合によっては暴力的な手段も使ってくる可能性があるため抵抗はほどほどにした方がいいです。権力だけはあるわけだから武器を使って身ぐるみはがしても向こうがやっていないと言われて、その証拠がなければ負けます。権力乱用社会であり全ての機関が何やら汚染されている国です。虫歯状態の国です!

・この国のビザをギニアビサウのギニア大使館で取った時も水増し請求されました。大使館のトップがビザ代をごまかして請求し、その差額を自分のポケットに入れてしまう最低な国です。絶対に払わないように!領収書を要求しましょう!(言うと焦って「ない」と言ってくる)

・後々わかったことですが、女性はあまり検問されないようです。女性だらけのタクシーに乗っていたら検問されませんでした。ということは、女性旅行者にはあまり賄賂を要求しないのかもしれません。俺は男なので大事になりましたが女性には普通なのかもしれません。。。男性先進国旅行者(特に日本人はあまり白人のように怒らないため余計に狙われやすい)が一番狙われると思われます。


globenese77 at 08:21|Perlmalinkclip!