旅が仕事!月3万円稼ぎながら旅するためのノウハウ イカロス出版
メディア様-お問い合わせ-
パールハーバープロダクションMASAKI世界一周MASAKI世界一周へのお仕事、メディア掲載などの依頼はglobenese77@hotmail.co.jpまでお願いします。 MASAKI世界一周プロフィールページ 旅ラジオロゴ
MASAKI世界一周のVALU
見たい国.企画を↓情報量膨大です
イベントDVD 201ヶ国トーク
世界201か国を周った方の話は衝撃でした との感想続出中!起爆剤にどうぞ!MASAKI世界一周中(小堺正樹)トークDVD販売中!
MASAKI世界一周小堺正樹トークDVD
世界一周バイヤー続行中!


モロッコ雑貨通販売中
ラジオでも話したベルベル人のハンドメイドのモロッコ雑貨、アフリカ買い付け商品販売開始!102カ国旅行者AMAZONIA氏のコパカバーナから大販売!↓
世界の雑貨コパカバーナ
カリブ(グレナダ.セントビンセント.バルバドス.セントルシア)

カリブ(グレナダ.セントビンセント.バルバドス.セントルシア)

March 24, 2013

カリブ海周遊の具体的なルートの組み方 LIAT航空で カリブマイナー国周遊情報 グレナダ.セントジョージズの光景

世界の乗り物企画 当方MASAKI、まずバルバドスに入ろうとしましたが入国拒否を喰らったため、トリニダードトバゴに戻された上で、まずグレナダに入っていきます。このカリブ海周遊、あまり情報が無い地域でもありどうやって移動して行くかイメージできない人が多いと思います。その辺りの情報もお教えしましょう。
マイナー航空会社LIAT
↑東カリブ海の独立国すべてに就航するLIAT航空。プロペラ機のショボめ航空会社でトラブルも多く評判はあまり良くないですが、小さな国を周遊する場合、この会社しかありません。トリニダードトバゴからセントマーチンまでの独立国全てをこの会社でアイランドホッピング可能。プエルトリコ以西はアメリカン航空が入っているのでセントマーチン以東でと考えておくとよい。
LIAT搭乗口
↑本当に小型機なので少人数でもフライトします。まず、距離自体が太平洋と違い短いので小型の飛行機を一日に数本前後飛ばしている路線がほとんど。意外と朝か昼か夜か選べるほど便は充実している。ただし、この会社は遅れることが多いのでそこは予め理解を!
LIATの機内
↑小型機で4人1列。乗っている時間もだいたい一つの島の移動で1時間前後以下と短い。当方も搭乗し、グレナダに到着!
セントジョージズの光景
↑意外にも首都セントジョージズの光景はキレイだった。水際の光景が最高!
坂の多い街セントジョージズ
↑独特の坂のある街並みで歩いていて何か海外なのに懐かしさの様な風情を感じた。小樽のそれに似ている雰囲気で、元イギリス領版の小樽と言う感じ。
水際も綺麗なst.george's
↑船やヨットが浮かぶ綺麗な海の上に勾配のある土地があり、そこに昔ながらのイギリスが見え隠れする街。本当に歩くだけを久々に一日中楽しめたと言って良い。
独特な階段と小さなトンネル
↑石造りの階段と狭すぎるトンネル。味があって良い。
中国人の店
↑怪しいですねぇ。チンストアー。しかも、「中国」って…。ダサい!中国人はけっこう入ってきているようで、セントジョージズも反中感情があるようで、けっこうダウンタウンや市場周辺ではバカにしてきます…。間違えられる身になってくれよ…。日本はこの国のフィッシュマーケットを寄贈していると言うのに…トホホ…
市場のバナナ売り
↑バナナを買って食べていたんだが、ついでに写真を撮っていたら、写真左の黒人女性に 「あなたのバナナはでかいのか?」とか聞かれて大笑いされました…。 チーン… 俺はその辺にいるポコチン旅行者ではない!爆

正直、いい光景を見れて満足満足の国です。直接行って感じていただくのがいいでしょう。2泊で十分の小国です。次回、セントビンセントグレナディーン国へと入っていきます。ご期待を! 旅が仕事 世界一周BLOG


記事の面白さ、参考度、旅気分を味わえたかどうかなどのバロメーターとして参考にさせてもらいます。記事の点数に応じてクリックしてください。面白ければ全てクリック。つまらなければその割合に合わせた数のバナーをクリックください。5段階評価式0〜4点
1c0dd1822222222232232222222222222 70e3678f1822222222222232222222222222
−カリブ海全土の移動方法 LIAT航空活用法−

・基本的にセントマーチンより東は全てLIATで乗り継いでいく形になる。ヨーロッパやアメリカからトリニダードトバゴやアンティグアバーブーダ―、バルバドス等に長距離便が出ているが、小さな島はLIATでホッピングする形になります。

・カリブはなぜか入国審査が厳しいため、先にチケットの日程を決めてから入るのが無難。理由はチケットが無いと本当に入国拒否されて強制送還されるケースがあるため。

・小さな島は全て見て行くスタンスの人であれば3日で十分な人が多いと思います。2泊3日のローテーションでいっきにチケットを取るのが無難。どこか長く滞在したい国がある場合はそこを長めに設定。

・どの路線もだいたい100ドル弱前後ぐらい。200ドル以内ぐらい見ておけばほぼチケットは取れる。時間帯や日時により値段は変動し、寸前のチケットはかなり高い傾向。

・小さい国でも首都であればほぼ次の島へのフライトはあると考えてよい。場合によりバルバドスからセントルシアに行く場合、セントビンセント経由になったりもするが、金額は一路線分なので問題なし。
liatmap
↑L<LIAT公式サイトから抜粋> カリブ海マイナー路線図。独立国のみであればトリニダードトバゴから一筆書きで移動可能。当方のルートは トリニダードトバゴ−グレナダ−セントビンセントグレナディーン−バルバドス−セントルシア−ドミニカ国−アンティグアバーブーダ−セントキッツネイビス−セントマーチン−プエルトリコ−ドミニカ共和国−ハイチ−ジャマイカ−キューバ の順となりました。 プエルトリコ以西は人口もある国なのでアメリカン航空等乗り入れているのでかなりルート組は楽です。バハマに関してはマイアミから100ドル台で飛べます。基本的にどの路線も100ドル台



globenese77 at 00:13|PerlmalinkComments(0)clip!

セントビンセント・グレナディン国情報 ST.VINCENT GRENADINES 188か国目 世界一周後世界2周目 安宿ネット交通ATMビザ情報

世界の 国情報 セントビンセントグレナディーン諸島国情報 元英領、そしてフランスの植民地だった英国連邦加盟のカリブ海南部の小国家。奴隷貿易時代に連れてこられた黒人子孫が多くを占める国で、過去に白人に刃向った黒人の一部は中米のベリーズに強制送還された歴史がある。ベリーズの黒人の多くがこの島に閉じ込められていて白人に逆らった奴隷の子孫。カリブの中でも治安が良く人は良い。奴隷支配を経てようやく1979年に独立した歴史を持つ日本人には知られていないマイナー国。

大きな地図で見る

大きな地図で見る

【安宿情報】
・キングスタウン…シーブリーズゲストハウスSEA BREEZE GUEST HOUSE… 一泊シングル 68東カリブドル(現状レート約2380円。米ドル払いも可能)
住所…Arnos Vale, St.Vincent &Grenadines
空港からミニバス1東カリブドルで右に進み、滑走路を廻り込む感じでKFCを越えて進み、海沿いで左折する時にちょうど角にある。荷物が重くなければ歩くことも可能。当方は歩いた。途中でKFCかピザハットでランチ等したい人ならちょうど中間で休憩できるのでちょうどいい。 一応、空港出てすぐ右に坂を少し上がったところにADAMS APARTMENTという宿もあり96東カリブドルだったが、受付の愛想が悪いので当方はシーブリーズにした。シーブリーズは愛想が良すぎる英国人のおばあさんが家にいて面倒を見てくれる(逆にちょっと静かにしていてほしいぐらい 笑)。
シーブリーズGH室内
↑最低限は揃っている。扇風機付き。自炊も可能。子供も何人かいてホームステイチックです。
 seabreezuguesthouse
↑wifiはないが金額はカリブにしてはかなり良心的。ここしかないだろう。この光景(目の前にスーパーマーケットあり。)が見えたらストップです。右手にスラム。道路はそのまま左に続いていきます。角にあるためミニバスだと乗り越す可能性有!
【インターネット情報】
・キングスタウン…空港でコンセントが有り、無料で無線LANWIFIインターネット接続が可能。遅い時間でも開いているので使えます。シーブリーズゲストハウスから徒歩で十分可能。治安もいいためパソコン持っていてもさほど心配いらずで通えます。ついでにKFCで飯も可能。こちらも夜23時ぐらいまで開いてます。

【安飯情報】
・キングスタウン…キングスタウンのタウン内KFC近くにあるRIO FOODS RESTAURANT&BARのクレオール料理が安くて美味い。15東カリブドル前後約500円でクレオールプレートとローカルジュース。
RIO FOODS
↑看板も割れていて見つけづらいですがここが一番良かった。多数の中華料理屋もあるが、セントビンセントの中華屋はチャーハンとチョーメン(焼きそば)、オカズはチキンしかないところばかりでマズそうだった。ここを強くお勧めします。ローカル飯だし安くてうまいです。日によって魚の調理の仕方も違います!ジュースもキャロットやレモネード等種類があり! 街の中心のKFCから北に進むと左手にあります。
セントビンセントグレナディン料理
↑こういったクレオール料理が食べれる。味はうまい!ジュースも気絶しそうなほど体に染みるうまさでした。この気候に合うジュース。

【交通情報】
・キングスタウン…空港からキングスタウン市内へは1東カリブドル約35円のみ。地方都市へは距離に応じて加算されていくシステム。セントビンセントはあまり乗り物で料金もごまかしてこないので割と信頼度は高い。

・国際線航空機 … トリニダードトバゴ、グレナダ、バルバドス、セントルシア、アンティグア・バーブーダから便があり。LIATの路線がほとんど。バルバドスとセントビンセントグレナディンからはLIATの路線が有り。意外と便の数は多いのでその辺は太平洋に比べて楽ではある。日時により金額の変動はあり。早めに安くて便利な日を予約するのがベター。LIATのホームページ

・国内線航空機
グレナディーン諸島に向けて便あり。ヨット等の船で行く人も多い国ではあるが航空路線もあり。

【人口】約11万人

【首都】キングスタウン

【言語】公用語 … 英語 、パトワ語

【通貨単位】東カリブドル 1EC$=約35円 1US&=2.7EC$で固定相場 米ドル次第でレートが変わります。 2013年春データ
_thumb11
↑米ドルに連動しているため無駄に価値は高い。物価も高め。色々な国をセットにすることで価値を詐欺的に高めるユーロの様な通貨(ユーロも高過ぎ。ユーロはフランスが得するための策略です!)。一か国自体の力は本当にショボイのに通貨だけはドルと同じ安定度。ズルい通貨です。

【在留法人】13人

【日系企業】 約0社

【面積】約 389平方キロメートル

【民族】アフリカ系黒人、東インド系、混血クレオール、カリブ族

【宗教】キリスト教

【日本との時差】日本より13時間遅い

【電気と電圧】 230ボルト 50ヘルツ

【ATM】 市内にATMあり。空港にもATMがあるので問題なし。銀行側の手数料もかからなかった。

【滞在登録】必要なし。

【日本大使館】 在トリニダードトバゴ日本大使館が兼轄。問題が起きた場合、飛ぶ必要がありますのでご注意を。
住所 Embassy of JAPAN
5 Hayes Street, St. Clair, Port of Spain,
Trinidad and Tobago, W.I.(P.O.Box 1039)
(1-868)628-5991,Fax:(1-868)622-0858

【治安】この辺りの黒人の国にしては良い方。ただし酔っぱらいもいるし車の運転も黒人らしくかなり荒い。ひかれないよう注意が必要。歩道も無い場合が多い。

【ビザ】1か月以内ビザは必要なし。 ということだが、この国の入国審査も日本に戻るまでのチケットを確認された。多めに言ったら疑われる雰囲気あり。バルバドスとグレナダよりは審査は甘い様に見えたがチケット確認があったため先にこの国の日程は決めてカリブ中のフライトも確定してから行った方が良い。この国も3日もいれば普通の人には十分な国です。
セントビンセントグレナディーン入国スタンプ セントビンセントグレナディン諸島出国スタンプ
↑審査官音判断で何日まで滞在できるか決まる様。3日の予定だったが1か月分可能な記載をされた。出国スタンプも押される。

【国際電話での国番号】 1−784

詳細は http://www.worldwidetravels.info/
で現地から詳細に行った国全てアップしていく予定でしたが方法考案中。もうとりあえずはブログにアウトプットする方向でやっています。

☆過去に当方MASAKIが行った国リスト☆ 各 国の記事は国別トピックから見れます!
【ブログを書いてない頃に行った 国】
日本、台湾、香港(返還前イギリス領時)、シンガポール、タイ、オーストラリア、ニュージーランド、スイ ス、ドイツ、オーストリア、ハンガリー、イタリアローマ、バチカン市国、フランス、モナコ、スペイン、中国
【ブログを書きだしてから行った国】…アメリカ合衆国、バハマ、メキシコ、ベリーズ、グアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカ、パナマ、コロンビア、ベネズエラ、ガイアナ、トリニダード・トバゴ、スリナム、ペルー、ボリビア、パラグアイ、ブラジル、ウルグアイ、チリ、アルゼンチン、カナダ、カザフスタン、キルギス、ウズベキスタン、タジキスタン、トルクメニスタン、イラン、アゼルバイジャン、グルジア、アルメニア、ナゴルノカラバフ、トルコ、ブルガリア、ギリシャ、マケドニア、アルバニア、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、クロアチア、スロベニア、イタリアベニス(2度目)、サンマリノ、イタリアミラノ、スイス、イギリス、アイルランド、オランダ、ドイツ(2度目)、オーストリア(2度目)、イタリア(3度目)、スイス(4度目)、フランス(2度目)、ルクセンブルク、ベルギー、リヒテンシュタイン、オーストリア、スロバキア、チェコ、ドイツ、ポーランド、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、エストニア、ラトビア、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、ドニエステル、モルドバ、ルーマニア、ドイツデュッセルドルフ、スペインバルセロナ、アンドラ、ポルトガル、ジブラルタル、モロッコ、西サハラ、モーリタニア、セネガル、カーボベルデ、ガンビア、ギニアビサウ、ギニア、シエラレオネ、リベリア、コートジボワール、マリ、モロッコカサブランカ(2回目)、イギリスロンドン(2回目)、アラブ首長国連邦ドバイ、シャルジャ、オマーン、クウェート、日本2010、バーレーン、カタール、イギリスロンドン(3回目)、アメリカニューヨーク(世界一周目到達、2周目折り返し地点)、アイスランド、イギリスロンドン(4回目)、アルジェリア、イタリアローマ、マルタ、イタリアローマ、イタリアミラノ、オーストリアインスブルックザルツブルグ、ドイツミュンヘンベルリン、デンマークコペンハーゲン、フランスパリ、リトアニア、ロシア連邦、南キプロス、北キプロス、レバノン、シリア、ヨルダン、イスラエル、エジプト、ニジェール、ブルキナファソ、ガーナ、トーゴ、ベナン、ナイジェリア、チャド、中央アフリカ、カメルーン、ガボン 、サントメプリンシペ、赤道ギニア、コンゴ共和国 、コンゴ民主共和国、アンゴラ、ナミビア、ザンビア、マラウイ、ジンバブエ、モザンビーク、スワジランド、レソト、ボツワナ、南アフリカ、セイシェル諸島、モーリシャス、マダガスカル(140か国)、コモロ、ケニア、タンザニア、サウジアラビア(空港で粘るも入国不可)一時ヨーロッパ買い付け周遊、チュニジア、エジプト(再訪)、スーダン(北スーダン)、ブルンジ、ルワンダ、ウガンダ、南スーダン、ケニア、サウジアラビア(入国成功)、エジプトカイロ、リビア、エチオピア、ソマリアソマリランド、ジブチ、イエメン、ドバイ再、スリランカ、モルティブ、バングラデシュ、インド、パキスタン(160か国)、ネパール、ブータン、タイ再、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム、インドネシア、東ティモール、シンガポール再、マレーシア、ブルネイ、フィリピン、パラオ、ミクロネシア連邦(ヤップ島)、グアム(アメリカ準州)、北マリアナ諸島(サイパン)、マーシャル諸島、オーストラリアケアンズ再、パプアニューギニア、オーストラリアゴールドコーストブリスベン再、バヌアツ、ソロモン諸島、フィジー(180か国)、キリバツ、ナウル、ツバル、サモア、アメリカンサモア、トンガ、日本経由、ヨーロッパ買い付け放浪、グレナダ、セントビンセントグレナディーン

188カ国目

今後の予定↓
バルバドス、セントルシア、ドミニカ国、アンティグア・バーブーダ、セントクリストファーネイビス、セントマーチン、プエルトリコ、ドミニカ共和国、ハイチ、ジャマイカ、キューバ、モンゴル、北朝鮮、日本(長期滞在予定。この日本滞在で世界展開のあらゆる準備)

フランス領ギアナ、エクアドル、エリトリア、イラク、アフガニスタン、コソボ、南極、グリーンランド(デンマーク領)(約200か国オーバー)、宇宙、これから出てくるかもしれない国全て…etc

宿設立へ(現在候補地を移動しながら検討中。)今回の渡航で長期渡航はラストとし、現地に拠点を造ることに向けて動いていきます。また拠点がある状態で遠征する形で世界旅行も継続します。
2013年、最後の地域カリブ海制覇に向けて出発です!終わり次第、もう世界展開に向けて腰を据えて準備開始します! 旅が仕事 世界一周BLOG


記事の面白さ、参考度、旅気分を味わえたかどうかなどのバロメーターとして参考にさせてもらいます。記事の点数に応じてクリックしてください。面白ければ全てクリック。つまらなければその割合に合わせた数のバナーをクリックください。5段階評価式0〜4点
1c0dd18222222222322322222222222 70e3678f18222222222222322222222222


globenese77 at 20:03|PerlmalinkComments(1)clip!